突然ですが・・




一身上の都合でブログを終了しようと思います。  m(__)m


“やぎのひげが好き” という変わったタイトルで、もう1年と7ヶ月経ったんですネ。
月日が経つのはゆっくりな様で、早いですネ・・

ブログを始めた頃はまだまだ手探り状態、
右も左もわからない、でも何だか毎日ワクワクしてました。
これからどんな世界が広がるんだろと、いろんなブログを眺めて・・
そして、
素敵な方達と出会えるコトが出来ました、感謝の気持ちで一杯です。
とても幸せな日々でした。


このブログには思い出が一杯詰まってます。
愛着もあります・・
その、すごく思い出が詰まってるブログを消してしまうのは忍びなくて・・
このままの状態で置いて置きたいと思います。
拙いブログですが、私のいろいろな思いが残されてます。

これからはもっと自由に、 1個人の さくら としてブログを訪問したいと思ってます。
気ままに、フラッと。。
その時はどうぞよろしくお願いします。



              “やぎのひげが好き” 思い出とさようなら☆  
 
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-11-11 10:02 | 日常

秋を感じる


最近一気に寒くなりましたね。
布団の中が1番あったかい・・
少しバタバタとした日々を過ごしてます。
ゆっくりと好きなコトに時間を使いたいなと思うのですが、なかなか・・

娘に頼まれ図書館に本を返却に行く時見かけた風景を久しぶりに写してみました。
市内に流れる川沿いのこの道を車で走ると、
夕方には犬の散歩をする人や沈む夕日を眺めるコトが出来ます。
大好きな道。

d0023066_23102169.jpg


図書館の外周の木々。
少しずつ紅葉してました。

d0023066_23115890.jpg


庭の裸の少女のオブジェ。
いつも何を見て何を感じてるのかな・・

d0023066_23141992.jpg


この日、凄く風が強くて、
あくる日の朝、玄関先はまるで吹き溜まり、
あちこちから集まった落ち葉がカサカサと肩寄せ合っているよう・・
冬へと一気に突入しないで欲しいって思った、11月のある日。
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-11-08 23:27 | パチリと★

ある日の夕食の一品


お魚コーナーで新鮮なガラ海老を見つけました。


d0023066_14132263.jpg




ガラ海老だから安い。
給料日前のこの日には凄く助かる。

それに良く見るとシャコが1匹・・
ラッキー・・?








軽く、塩・こしょう    パッパッパッ
片栗粉をサラサラとまぶして  揚げました。

d0023066_141908.jpg










  カキ揚げよりはあっさりと
  揚げたては何匹も口の中に入ります。
  きっとお酒にも合いますね。

  小さなシャコは母の口の中に・・
  殻がどうやら硬かったそうで・・
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-11-05 14:28 | 作る <食べ物>

待つ


ずっと待つというコトは大変なコトですね。
最近こんなに待ち続けたというコトが無かったから。

水曜日、母の検査の付き添いで朝から病院へ・・
9時から検査準備、早くても検査出来る状態までは2時間は掛かるという話。
家まで病院は近い距離ではあるので、説明を一緒に聞いた後、用事があるので一旦帰宅しました。
11時、そろそろかな・・ と思いつつ母の居る準備室に行くとまだまだ掛かりそうな状態・・
ずっと待ち続け、やっと検査出来る段階になったのは午後2時過ぎ・・
それから母が検査室から出て、医師の説明を聞き、帰宅したら・・ 午後5時半・・
病院の長い廊下に設置された長椅子に腰掛け待ち続けた時間はおよそ6時間。
何時、一緒に説明を受けるかとその場を離れるわけにもいかず、かしこまって座るってほんとに疲れますね、心底・・
誰か知ってる人が居て話しながら待ってるのなら時間はもっと短く感じられるのかもしれない。
椅子の前を通り過ぎるいろんな人達、病院の業務に関わるいろんな人達・・
何人、一体何人の人が通り掛り、そして行き過ぎたのだろうか・・

時折、凄く外の空気が吸いたくなり、非常ドアから一時避難して見上げる空。
とっても晴れ渡った空から、こんなに雲が広がる空へと刻々と変化する。
2階から見下ろした風景の中で忙しく働く人が見える。
普段何気なく暮らしてるのが凄く有り難く感じられる。

d0023066_120580.jpg

楽しくワクワクしながら待つ、それはとっても嬉しく楽しい待つ。
その時間さえ期待で満たされてる時間。
待つという心は、その時の心境で意味あいが180度違って感じるのかもしれない。

結局この日の検査結果はまた11月に入ってから。
細胞を採って詳しく検査して欲しいという本人の希望から・・
後の医師の詳しい説明と丁寧な応対に、例えどんな結果が出たとしてもかなり安心したという母の表情がとっても印象的だった。
こんなに違う医師の対応・・  そして患者の気持ち・・

それにしても、母も長い検査にかなり疲れたと思う。
でも・・ 私も・・ ほんとに、ほんとに疲れてしまった。
忍耐、忍耐って凄く体力と気力を消耗するものなのかもしれないと思った。
案の定、翌日から凄い肩凝りと頭痛・・
肩凝りは無縁だった私、もしかしたらこれは違う得体の知れないその場に浮遊してる霊的なモノが背中に覆い被さったのかもしれないなどと思ったり・・
そんなコトを感じた、長い待ち時間でした。


ここ何日間、パソコンが開けない状態でした。
開きたくない・・ 自分のブログも見たく無い・・
まるで、ブログ拒否症候群。

言葉って物凄い力がある。
ほんの少しの言葉に嬉しくなったり感動したり、そして勇気付けられたり。
そして、反対に・・
疲れた体に追い討ちを掛けた言葉。
立ち上がれない程のダメージ・・


いつもブログの記事をアップして、それからコメントを下さった方のブログを訪問するというのが私の楽しみであり、私のパターンでした。
今回、この記事を書いて、そして訪問するという気力まで至っていない・・のが本心です。
もう少し元気になったら伺おうと思っています。
今の私の心境を書こうと、今朝少しだけ思えるようになったので・・
ごめんなさい。。  m(__)m
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-10-28 12:31 | 感じる

みつけた☆


d0023066_1492216.jpg















  このバック、作りました。


          ・・・ って言いたいけど、実はたまたま見つけたモノです。



体をふんわりと包んでくれる様なクッションを探して立ち寄った店で、
その、体をふんわりと包んでくれるクッションは見つからなかったけど、
このバックに出会いました。

MINI MAXI SHOPPER

                  もしかしたら輸入物なのかも・・?


こんな感じのバックは最近何処でも見掛けるモノだけど、こんな柄は珍しい・・?
それに、この柄、なんだか何処かで見たような・・
あっ、そうそう、コレかな?  
帰宅して、マジマジと見比べるとほんとに似てるし。  〈笑


私はパックが好き、
だからたまに自分で作るし、見掛けると眺めてしまうし。
お気に入りの布を見つけたら縫えばいいんだけど、
それがなかなかお気に入りの柄には出会えなくて。

北欧のテキスタイルの様に、斬新な柄があればなぁ・・
ポリエステルで面白い柄の布に出会いたいなぁ・・    
    
                           なんて、普段思ってます。


d0023066_14303673.jpg


          バックは小さな袋に収納されてるんだけど、
          小さなフックが頭の部分に付いてます。


気軽にフラッとジーンズでお出掛けって時に、
腰のベルト通しに引っ掛けても・・
色違いで4色ありました。
赤、黄、ベージュ、そしてこの緑・・
色はどれも少し落ち着いた発色です。



     買いたいモノ、探してる時には見つからなくて、
         全然そのつもりも無くふらっと入った店で出会えたりしません?


         その時は縁なのかもしれない、
         縁を感じたら買っておくべきかも・・・?  (^^ゞ
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-10-24 14:43 | 日常

今1番のお気に入りは・・


私の肌は敏感肌で、少し乾燥肌、
だから、毎年季節の変わり目は部分的に肌荒れに悩まされてます。
今までどんな・・ って言ってもそんなに数多くは試してはいないんだけど・・
試してみたいけど、肌が拒否反応を起こして・・ ヒリヒリ・・

だから、
今使ってる化粧品はそんなに物凄くお気に入りってコトは無いんだけど、
まぁコレでいいかな、さし当たって別のモノも思い当たらないし、値段も手頃だしというコトで。
でも、心から大満足では無かったのは確かで。

その私、
ある通販の化粧品にかなり興味が湧いて来て・・
でも、この化粧品のコトは最近知ったというのでは無くて、去年の6月頃からかな・・
最初、また、またぁ、そんな筈無いよ~なんて思いつつ見てて・・
・・で、結構目にする度に割りと見てて・・
どうしてこんなに見てしまうのか自分でもわからなくて・・
でも、この商品だけは何故か興味が湧いて・・
ってコトが、もう1年と4ヶ月も続いてたってコトになるのかな?  〈苦笑


それで、
つい最近、意を決して買ってみました、ついに。。
それが、コレです・・

d0023066_21565164.jpg


         クリアエステヴェールの美容液ファンデーション。


ファンデーションなのに、61.5%の美肌成分が配合されてる。
コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミン、そしてミネラル、アミノ酸を豊富に含むアロエベラエキスを配合。
すぅーっと伸びが良く、肌馴染みも抜群。
美容液成分が塗ってる間中働きかけ、洗い流した後も素肌はまるでスペシャルケアをしたかのようにしっとりプルプル!!
キメが整い、思わず指で触りたくなる程モッチリとしたハリ感を感じるコトが出来る。

なぁ~んて、歌われてるんだけど、
実は、ほんとに、ほんとに、正にそんな感じ☆

薄ヅキなのに、凄く伸びがいいし、まるでクリームみたい。
一枚の柔らかいベールで包まれたみたいに自然で透明感が有り、
肌はちゃんと呼吸してる感じだし、自分の肌を触るのが凄く嬉しいし、しっとりしてる。
化粧を落として洗顔するでしょ、その時の肌にあたる指の感触が今までと全然違うし。
洗顔後鏡を見たら、ピカピカ輝いて・・ うわぁ~ これ、私?  って感じ。

1番に嬉しかったのは、これを使い始めて、肌荒れが無くなったコト。
あんなに悩まされてたのに、まるでウソの様に毎日しっとりしてる・・
毎朝鏡に向かうのが凄く楽しみで、ほんとに楽しみで。
これは、モノグサの私には近来に無く?かなりかなり珍しい現象です。  〈苦笑


こんなコトつらつらと書きなぐって、私は決してこの会社の回しモノじゃございません。
でも、こんなにいいモノが世の中にあるなんてと思ったのでついつい・・ ^。ー;\


それと、もう一品↓

More
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-10-22 22:57 |

原点に戻って



       やぎさん見に行く? って尋ねて・・


私のブログ名でもあるやぎさんに突然逢いたくなりました。
家から車で10分程の場所にある、自然を生かした公園の一角にあるやぎさんの所に母と出掛けました。

居た、居た、やぎさんがのんびりしてました。
なんか、もう、ほんとにの~んびりモードで・・
顔なんか、柔和で、見てるだけで和んじゃいます。

私達の姿を見ると、「いらっしゃ~いぃ」 って感じで近付いて来ました。

d0023066_1271394.jpg


ケージ越しに頭をナデナデすると、凄い力でグイグイしてきます。
うん・・?
もしかして頭痒いの・・?
よし、じゃ、掻いてあげよう!!
コリコリ・・

d0023066_1292535.jpg


指を近付けるぺロリ~ッと舐めてくれました。
なんか、とっても可愛い。
癒されるなぁ~~~

エヘヘ・・
記憶のいい方がいらしたら、ココは前に見た場所?って思ってるでしょうネ。
そうです、前にも紹介した場所です。
でも、あれから訪れてなくて。。

やぎさんに話し掛けたり、
近くに何故かダックスフンドのチョコ色のワンちゃんも居て・・
母も楽しそうでした、動物は大好きだから。


その後、母をふれあいセンター内にある電気椅子に案内し、私はその間買い物。
あっ、この電気椅子は本当の名前は、ヘルストロン。
通称、我が家ではわかり易く電気椅子なんて呼んでますが・・ 〈苦笑
母の体の具合が悪くなると、このヘルストロンに連れて行ったりしてました、今までも。
・・で、もう一ヶ所立ち寄った店で少し足りなかった買い物を済ませ、
そして、その店の片隅に、 どうぞご自由にコーヒーを のコーナーがあって、
二人でコーヒーを飲みながら、「うん、なかなか美味しいよ・・」 なんて。


あの、後、
あのバチバチとやりあった後、不思議にサッパリとした空気が漂ってます。
まるで、変な憑き物が落ちたみたいに、お互いサッパリとしています。
とってもいい感じです、今は。
まっ、いつまでこの状態は維持出来るかわからないけど。。  〈苦笑

母は母なりに何かを感じてくれたのかもしれないし、
私は私なりに何かを感じましたから・・


今回、いろんな方のいろんなお話を聞いて、とっても為になりました。
ありがとうございました。
人を変えようなんて・・ 自分が変わらなきゃ・・ ダメなんだと思いました。
ほんとに心からそう思いました。
でも、まだまだ修行不足の私はいつまた爆発するかもしれないけど。
でも、思わないよりは思った方がいいでしょ?
私なりのペースで・・


      ケセラセラ、 はい、少しずつカメの様に歩んで行きたいと思います☆
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-10-20 12:33 | 日常

親子って・・


昨日、母と大学病院に行って来ました。

たまたま知り合いが居て、いろんな手続きを早めに処理して下さってたので、初診にも関わらず最初の診察はかなりハイペースに物事が進んで、凄く助かりました。
大学病院へ行くのは前回からは年数が経ってて・・ 2度目です。
中のフロアには “STARBUCKS” も有り、かなりビックリ。
最初は総合診療という所で医師との問診がありました。
担当してくれた医師はとっても丁寧な対応で・・
娘の私から見てもかなりスローペースで話す、もっと掻い摘んで話せば理解して貰うのが早いだろうと思われる母の話を根気良く聞いてくれる医師でした。
長い間いろんな今までの経過を聞いてくれ、ベットでの触診をし、そして次の科への紹介状を・・
この時点でもきっと母の心は安定したのではないかと思いました。
所要時間、1時間近く配してくれたのでは・・?

その後、消化気内科へと移り、いよいよ問題の病状の話へと。
母の今疑問に思ってるコトを聞いた後、医師の開口一番の言葉は・・
「これは、十中八九 ○○○○病ではありませんね、この病気は大体10代~20代に多く発病する病気、稀にお年寄りものケースも無いではありませんが、たぶんこの場合は違うと思います」 と。
それを聞いた母のかなり安心した表情と、「良かったぁ・・」 という言葉。
でも、もっと安心する為には詳しい検査も必要、内視鏡検査して、その時もしかしたら組織も取って検査する・・ だから一気に安心とまでは行かないけど、ひとまず。。
来週の検査の予約を取り、昨日は血液検査だけして貰いました。

違う病院で違う所見を得て、少しだけ納得した模様の母。
でも、まだ検査をしてみないとすべて霧が晴れたわけじゃないと言う。
私、もし私の立場なら、この時点で凄く単純にこのコトを喜び、そして単純に私は絶対大丈夫だと思い込むと思うんだけど、母は違う。
まだまだわからないと言う・・ わかるよ、その気持ち、でも、もっと自分を解放してやればいいのに・・ がんじがらめにしてる心の鎖を解いてやればもっと楽になれるのに・・
こんなコトを思いながら家路に着きました。


そして、夕方。
母とこの日、医師と話し合った内容をもう一度話してたら、とうとうやってしまいました。
バチバチと・・ 喧嘩になってしまいました。
キッカケは私が医師から聞いた話と、母が聞いた話の受け止め方の違い。
話はどうやっても堂々巡り、もうこうなると普段から思ってるお互いへの不満が爆発・・
母は私に対して、娘ならもっと親に対して尽くすべきと思ってるらしい。
私は、確かに母から見ればまだまだ不満だらけの出来の悪い娘かもしれない。
でも、私なりに、これでも母に対して一生懸命やってるつもりなのに・・
まだまだ不満足だというコトを聞かされると、どうにも自分が情けなくなってくる・・
今年になってから、いつも母が通院してる病院への送り迎えは私が車で。
正月明け、目眩で倒れ、その頃足も振らついていた当時から、送って行き、一旦家に帰り、また終わったと連絡があると迎えに行くという生活が続いてます。
病院は歩いても、たぶん5分~10分も掛からない距離です。
でも、母はどうやら車から降ろし、帰ってしまう私が気に入らない様子・・ 
心の中では一緒に居て貰いたいと思ってる様子・・
でも、普通の状態で、重病でも無いタダの通院の時は子供じゃないんだから一人でもいいのでは・・? って思ってる。

子供を育てる場合でも、いつも優しいだけではいけないと思ってるんだけど。
時には厳しく、時には温かく・・ その時々で。
これは母にも言えると思う。
最近、少し頭の装置が弛んで来てる〈?〉らしい母、
ちょっと前の話です、最初母のバックを持ってあげてた私、でも薬局で薬を貰わなきゃならないので一旦母にバックを戻したら・・ 今度迎えに行った時にはそのバックが何処にも見当たらない・・ どうやら私がバックを持って居るものだと思い込み薬局に忘れたらしい・・ でも忘れてるってコトすら覚えてないみたいで・・
だから、この時、凄く思ったコト、それは頼ってしまうと自分でちゃんとしよう、自立するって意志が失われてしまうんだなぁと。
母はまだ72歳になったばかり、まだしゃんとしてて欲しいって思う。
でも、この、少し突き放すって気持ちの部分が、母にはどうやら不足に思うらしい。

私は結婚以来母と同居してます。
もし、私が遠くに嫁ぎ、なかなか母の元には帰れない状態で暮らしてたら、今の様には面倒は見れないし、どうするの?って、昨夜聞いたら、
自分の知ってる人の娘さんは、お母さんの為に3ヶ月間嫁入り先から帰って来てずっと面倒を見てたって言うんですね、もう、それが娘の取る当たり前の行為みたいに。。
そんな人ばかり世の中には居ないよと言うと、そんなコト言う私はとっても親不孝みたいに・・
母の身の回りには、どうやら親思いの人ばかり居るみたいで、私の立つ瀬が無い・・
私だって・・

親って、きっと離れて暮らしてた方がちょっとだけ家に帰った時には優しくなれるんだと思う。
いつもお互い一緒に暮らしてると、お互いの欠点が目に付き、そして不満に思うコトもある。
物凄く相性がいい親子ならともかく、性格の違い、考え方の違いを感じてると、時には爆発してまう・・ なるべくそんなコトにはならないように我慢してても、時には・・

親孝行って、一体何だろうって思う。
何処までするのが親孝行?
昨夜はそんなコトを痛切に感じた、感じてしまった夜でした。


でも、気まずい雰囲気が続くのはとっても嫌なので、すぐ元通りに母には対処してますけど・・
いつまでもグズグス引きずりたくない、サッパリ暮らしたいし・・
そうしないといけないと思ってる、気まずい空気はなるべく避けたいし・・
不肖の娘なのかなぁ・・ 私って・・ ?


                 今日は長くなってしまいました。。 m(__)m
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-10-17 13:06 | 感じる

最近・・

d0023066_11154668.jpg


実は、私の心は最近少し重いのです。
その原因は、母〈実母〉のコト。

母は10年位前に軽い脳梗塞を発病しました。
でも、発見が早かったので薬を飲み続けて気を付けていればいいという状態・・
その後、足の膝も痛くなり、今はかなりゆっくり歩かなければダメな状態です。
2つの病院に通い、薬と注射の治療はずっと続けてます。
そのせいか健康にはかなり敏感、積極的にいろんな検査も受けてます。
2ヶ月程前、大腸の検査に引っ掛かり、エコー検査で詳しく診て貰ったコトがありました。
検査の間私も立ち会うのですが、どうやら医師〈男性〉は少し異常を発見したらしく・・
もしかしたらかなり難しい病気かもしれないし、もしかしたらタダの潰瘍かもしれない・・
検査結果待ちに2ヶ月程かかるらしいというコト。

その後、普通の状態で過ごしてた母が、1ヶ月程前、朝からクラクラとかなり激しい目眩に襲われ、おまけにお腹が痛くなり、下痢状態に。
以前から医師にはお腹が痛くなったりしませんか?とは尋ねられてた様子、だけどその頃は自覚症状は無かったらしく・・ でも、これはもしや・・ その難しい病気の前触れかもと疑い始めた母。
病院に行き、症状を訴えても、その検査にあたった医師は、その検査結果が出るまでは何の治療も施しようが無いと言うばかり。
もし、その難病なら、認められるまでは治療の方法は無いと言うばかり。
薬も出して貰えないし、その病気がかなり進行したらまた来なさいと。
これって、かなりおかしいでしょ?
病気の進行をみすみすわかっていながら、何も手を下さないで見てるだけって。
なのに、最後はこんなコトになって行くってコトだけ何も知らない患者に話して聞かせるなんて・・
凄い恐怖心だけを植え付けてほったらかし?
この医師に対する不信感から、別の病院でもう一度調べ直して貰いたいと思った母が紹介状をお願いしたら、何処の病院に行っても同じ結果ですよと言うだけでガンと受け付けない・・
次の診察患者が待ってるからと促される始末・・

もし、何処に行っても同じ結果なら、それはそれで仕方ないって思う。
でも、そのもしや違ってるのかもというコトが起きるのなら、それで本人も周りも安心出来るのに。

母の性格は私とは正反対。
クソ真面目で楽天家では無く、物事を直球で受け止めてしまうタイプ。
だから、傍で見て居ても物凄く落ち込んでます、毎日とっても暗い表情・・
どんなに明るく前向きに考えるようにと話しても、全然受け入れようとしない。
それは当たり前なのはわかってる、もしかしたらと思うと居ても立っても居られない気持ちわかります、私だって。
でも、側に居る私が同じように暗い気持ちで居ては家庭の中も暗くなってしまう・・
周りの母を心配する人達は、その病気の情報を母に話して聞かせるけど、その話を聞いたりすると自分の今後の先のコトまで考えて、益々落ち込んでる様子。
心配してくれるのはとっても有り難いとは思う、けど、母の性格をわかってるのかなと思ってしまう。
人にはいろいろ受け止め方の違いってあると思う、母はマイナス思考。
どんどん自分を想像の中で追い詰めて、私の話を受け付けない。
「人のコトだと思って・・」 と言う、心配してるからこそ気持ちの切り替えを話してるのに・・

思えば、母は生まれてから人生がツイテ無い人。
世の中には生まれながらにツイテる人とツイテ無い人ってあると思う。
父親は早くに戦争で無くし、それからは母一人子一人で育ち、たまたま知り合った父と結婚したけど・・ その後の話は以前少し触れてますが・・
苦労を背負う為に生まれて来た様な人。
私の祖母〈母にとっては実母〉の長い間の喘息の病気の付き添いも長かったし、その後の家での別の病気の為の看護も長かったし・・
だから余計、普通の人より人生の体力を早くに消耗してしまったのかなと思う、波乱万丈の人生。
生活に置いてのツイテ無い話を挙げればキリが無いし、自分の母だから言える、その話はもう笑うしか無い程ツキに見放されてるとしか言いようが無い程。


でも、私が結婚してからの生活は安定してたと思う。
今まで母の苦労を見て育ってるから幸せになって欲しいと思ってる。


来週の月曜日、やっと紹介状を書いて貰い、大学病院へ行きます。
でも、これはまだまだ最初の段階・・
この後どんな展開になるのかわからないけど、でも何もわからない状態よりは一歩前進出来るような気がします。

少し前、書きたいと思ってると書いたコト、実はこの話です。
もっと正直いろんな思いが心の中で渦巻いてるんだけど・・
今日は少し書くってコトで、少しだけスッキリしました。
明るい話題じゃないので書くコトを躊躇してたのは事実です。


今朝は少し肌寒い朝。
布団の中が恋しい季節になってきましたね。
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-10-14 12:45 |

胡座 〈あぐら〉


              あぐらを組む
              普段やらないポーズ
              
              思いつきであぐらを組んでみた


              う~ん なかなかいい


              背筋がピィーンと伸びる
              お腹がギュッと引っ込む
              胸も自然に張る


              なかなかいい


              両足の上に両手を乗せる
              少し瞑想・・


              

   あぐらは男性の特権みたいに感じるんだけど、
           人が集まる場所、例えば葬儀とか法事の時とか・・
            きちんと長い間座ってるとどうしても痺れが来るでしょ?

           堂々とあぐらを組んで座れる男性がほんとに羨ましいって思う。

      ・・で、やってみたら、 いいですよ~、ほんとに気持ちいい~~~

         ふと、足を組んでて思ったんだけど、どっちの足が上になります?
                          私は  どうやら左足が落ち着きます。
              座禅の経験は未だ無し、何か急にやってみたくなりました。


d0023066_12212060.jpg


                 ハロウィンのシーズン
                 娘が買って来た容器

                 ババロアを作って友達にあげるらしい
                       
                              可愛いネ、かぼちゃ。。
[PR]
# by sakura39-39 | 2006-10-12 12:26 | 日常