懐かしい友


最近、私に電話がありました。
それは高校時代のクラスメイト。
彼女の用件は、選挙のコト・・

いつもならあまり嬉しく無い電話。
選挙の頼みの電話って、型通りで・・
でも、彼女は特別!!

何故かとっても嬉しいし、
むしろいつも大歓迎の彼女からの電話。


高校一年の春、たまたま同じクラスになった彼女。
自分のコト、「俺ちゃん、俺ちゃんはさぁ~」って男言葉。
色が浅黒く、風貌も少しユニーク(?)、
あまり女性を感じさせない個性派。
喋る話もとっても面白い、楽しい・・
私の中の印象はハナマルだった。

でも、女の子って何であんなにグループを作りたがるのかなぁ・・
私は誰でも気に入った人と話しがしたいんだけど、
グループが違うと何だか入りにくい雰囲気がある。

コノ彼女が仲良くしてた女の子も私は好きだった。
やっぱり何かヒョウヒョウとしてて、何かいい。
二人と友達になりたかった私。
でも、二人の間にはなかなか入れなかった・・
仲良くなりたかったなぁ・・


たまに何かの拍子で一緒になり話すコトはあったけど、
それ以上の関係(?)にはなれなかった。
だから心残りだった、実は。


電話の内容はとりとめのない話。
現在のお互いの生活、何を思い、何を感じ、そして共感・・
たまたま蛍を見に出掛けてる場所は彼女の家が近いらしい・・
私の高校時代のイメージを持ち出される・・
全然違う私の実像を話し、そして納得・・ 
きっと解るよネ、話すとキャラ違うんだもん・・全然。  ~。~;


何年も会ってない、卒業以来会ってないのにもの凄く弾む会話。
きっとウマが合うのかも・・
とっても楽しい、笑える時間がアッという間に過ぎていく。

「あっ、ごめん、実家の両親来ちゃった・・ごめんネ~!!」
で、今日の彼女の話は幕切れだった。


でも、楽しかった。
人と話すのっていいネ。
久しぶりの懐かしい声。


d0023066_130090.jpg

[PR]
by sakura39-39 | 2005-09-09 00:56 | 日常


<< 虫の知らせ・・? うまいなぁ・・ >>