ある日・・ ハエ と ロバガメ

d0023066_2116242.jpg


           ↑の画像と内容は何の関係もありません。 〈苦笑
            ただ、癒される風景をと思ったもので・・
                  しばし、くつろいで下さいネ。




最近、どうやら家の中に1匹のハエが滞在中。
もうかれこれ1週間くらいになるかな・・?
何が気に入ったのか知らないけど、ときたま現れてフラフラ飛んでます。
でも、やはり衛生上好ましく無いので〈?〉捕まえてやろうと思うとまた何処かへ・・

夕食の支度中、
またフラフラとハエが現れたので、近くに居たロバガメにハエの捕獲を頼んだら、

「ハエタタキは・・?」  ロバガメ
「えーっと、無いよ、ハエタタキは・・ 適当にチラシでも丸めて叩いて・・」  私


その後、キョロキョロと、手に何かを持ち追いまわしてる様子。
うんうん、いい、いい、その調子で頑張るんだ。
暗がりで見失い探してるロバガメの背中付近をハエが・・ あざ笑うように現れる。

「あっ、今、ココに居たよ~」  私
「おっ・・ ほんまかぁ?」  ロバガメ


・・・と、その時、
急に私の目に飛び込んで来た、その手に丸められたモノは、


わ、わ、わ、  
私の大事にしてる 「まぜて・焼くだけ・パン」 の本ではないの。。。。。  (ー○´;)



チラシだとばかり思ってたのに、
一体何を考えてるのか、
ロバガメ・・・・・



こりゃ、戦況不利と考えたのかスタコラサッサと2階へトンズラ。
うぅ、今度ロバガメの大事なモノでハエを捕ってやる・・ 
  と心に誓ったのは言うまでもありません。

                                           クックックッ・・・
[PR]
by sakura39-39 | 2006-08-12 21:46 | 日常


<< 油断大敵 ざっか >>