最近・・

d0023066_11154668.jpg


実は、私の心は最近少し重いのです。
その原因は、母〈実母〉のコト。

母は10年位前に軽い脳梗塞を発病しました。
でも、発見が早かったので薬を飲み続けて気を付けていればいいという状態・・
その後、足の膝も痛くなり、今はかなりゆっくり歩かなければダメな状態です。
2つの病院に通い、薬と注射の治療はずっと続けてます。
そのせいか健康にはかなり敏感、積極的にいろんな検査も受けてます。
2ヶ月程前、大腸の検査に引っ掛かり、エコー検査で詳しく診て貰ったコトがありました。
検査の間私も立ち会うのですが、どうやら医師〈男性〉は少し異常を発見したらしく・・
もしかしたらかなり難しい病気かもしれないし、もしかしたらタダの潰瘍かもしれない・・
検査結果待ちに2ヶ月程かかるらしいというコト。

その後、普通の状態で過ごしてた母が、1ヶ月程前、朝からクラクラとかなり激しい目眩に襲われ、おまけにお腹が痛くなり、下痢状態に。
以前から医師にはお腹が痛くなったりしませんか?とは尋ねられてた様子、だけどその頃は自覚症状は無かったらしく・・ でも、これはもしや・・ その難しい病気の前触れかもと疑い始めた母。
病院に行き、症状を訴えても、その検査にあたった医師は、その検査結果が出るまでは何の治療も施しようが無いと言うばかり。
もし、その難病なら、認められるまでは治療の方法は無いと言うばかり。
薬も出して貰えないし、その病気がかなり進行したらまた来なさいと。
これって、かなりおかしいでしょ?
病気の進行をみすみすわかっていながら、何も手を下さないで見てるだけって。
なのに、最後はこんなコトになって行くってコトだけ何も知らない患者に話して聞かせるなんて・・
凄い恐怖心だけを植え付けてほったらかし?
この医師に対する不信感から、別の病院でもう一度調べ直して貰いたいと思った母が紹介状をお願いしたら、何処の病院に行っても同じ結果ですよと言うだけでガンと受け付けない・・
次の診察患者が待ってるからと促される始末・・

もし、何処に行っても同じ結果なら、それはそれで仕方ないって思う。
でも、そのもしや違ってるのかもというコトが起きるのなら、それで本人も周りも安心出来るのに。

母の性格は私とは正反対。
クソ真面目で楽天家では無く、物事を直球で受け止めてしまうタイプ。
だから、傍で見て居ても物凄く落ち込んでます、毎日とっても暗い表情・・
どんなに明るく前向きに考えるようにと話しても、全然受け入れようとしない。
それは当たり前なのはわかってる、もしかしたらと思うと居ても立っても居られない気持ちわかります、私だって。
でも、側に居る私が同じように暗い気持ちで居ては家庭の中も暗くなってしまう・・
周りの母を心配する人達は、その病気の情報を母に話して聞かせるけど、その話を聞いたりすると自分の今後の先のコトまで考えて、益々落ち込んでる様子。
心配してくれるのはとっても有り難いとは思う、けど、母の性格をわかってるのかなと思ってしまう。
人にはいろいろ受け止め方の違いってあると思う、母はマイナス思考。
どんどん自分を想像の中で追い詰めて、私の話を受け付けない。
「人のコトだと思って・・」 と言う、心配してるからこそ気持ちの切り替えを話してるのに・・

思えば、母は生まれてから人生がツイテ無い人。
世の中には生まれながらにツイテる人とツイテ無い人ってあると思う。
父親は早くに戦争で無くし、それからは母一人子一人で育ち、たまたま知り合った父と結婚したけど・・ その後の話は以前少し触れてますが・・
苦労を背負う為に生まれて来た様な人。
私の祖母〈母にとっては実母〉の長い間の喘息の病気の付き添いも長かったし、その後の家での別の病気の為の看護も長かったし・・
だから余計、普通の人より人生の体力を早くに消耗してしまったのかなと思う、波乱万丈の人生。
生活に置いてのツイテ無い話を挙げればキリが無いし、自分の母だから言える、その話はもう笑うしか無い程ツキに見放されてるとしか言いようが無い程。


でも、私が結婚してからの生活は安定してたと思う。
今まで母の苦労を見て育ってるから幸せになって欲しいと思ってる。


来週の月曜日、やっと紹介状を書いて貰い、大学病院へ行きます。
でも、これはまだまだ最初の段階・・
この後どんな展開になるのかわからないけど、でも何もわからない状態よりは一歩前進出来るような気がします。

少し前、書きたいと思ってると書いたコト、実はこの話です。
もっと正直いろんな思いが心の中で渦巻いてるんだけど・・
今日は少し書くってコトで、少しだけスッキリしました。
明るい話題じゃないので書くコトを躊躇してたのは事実です。


今朝は少し肌寒い朝。
布団の中が恋しい季節になってきましたね。
[PR]
by sakura39-39 | 2006-10-14 12:45 |


<< 親子って・・ 胡座 〈あぐら〉 >>