夕焼けと火事と・・カニ

            
            先週土曜日の夕焼けです。

d0023066_91816.jpg


小高い丘の上に車で登ると、
湖と海の見える場所があります。
間に見えているのは締め切り堤防です。
朝方の激しい雨がウソのよう・・
夕焼けを追いかけました、タッタッタッ!!



d0023066_925156.jpg


足元を見るとカニがカニ歩きしてました。
雨上がりには出没します、プクプクと・・
お風呂の浴槽の中に発見した時など、
かなり驚きます。


話は変わり、昨日のコトです。
市内の運動公園に行く為、娘と車を走らせてました。


・・・突然、大きな建物からモクモクと黒煙が上がっているのが目に入る。
3階建て、店舗兼住宅ビル、1階台所部分の2ヶ所の窓から!!

スゴイ煙・・

車を、離れたその辺りに停め、近くの男性に声を掛け聞いてみる。

『火事ですか? でも、消防署が近いのに何で消防車が来てないんですかね・・?』
『それが、消防車はみんな出っぱらって一台も居ないみたいですよ~』 との返事。

消防署はコノ場所からは目と鼻の先。
最近まで、ココの消防署のスローガン、


  なんと、 ≪燃えろ  岡山≫ 


みるみるうち、真っ赤な炎が上がり、メラメラと壁を伝い激しく燃えてきた・・

私、無意識に携帯に手が・・
 (そうだ、写しておこう) と。

その私の様子を見た娘、

『おかあさん、何してるん? 止められ・・ 人の不幸を撮るなんて・・』
『自分がそんなコトされたら嫌じゃろ・・』 と。


ハッ、そうです、その通りです、私は何てコトを・・  (汗

負うた子に教えられです、全く・・
ブログを始めてから、何かコトがあると写したくなる、妙な記者根性が・・ (恥

この子は誰の子? と、他人を見る様に見直す。


しばらくして、やっと来ました。

消防車数台、パトカー、救急車、報道陣・・・ そしてレスキュー隊!!
レスキュー隊を間近で見る。

ボンベを背負い、軽々と目の前の高さ1メートル50センチ程の塀をヒョイと身軽に登り、ピョンと着地、サササ~と現場へ。

消防隊員がホースを手に台所の窓めがけ放水する!!
オレンジ色の液体・・
透明な水では無く・・オレンジ色・・

赤く燃え盛っていた炎が少し弱まると、今度は普通の水を・・

2階の窓もいつのまにか開け放たれ、中を忙しく立ち回るレスキュー隊と消防隊員。

幸い、見てるだけではケガ人は無さそう・・
出火した直後に家人は脱出したか、留守だったのか・・

事情徴収と現場撮影と火事の行方を見守る人で騒然としてる現場。

出火から約45分後、どうやら鎮火した模様・・


こんなにマジマジと火事の現場を見たのは生まれて初めて。
火事は本当に恐ろしい・・と思った。
でも、全焼では無くて良かった・・と思った。


少し安心して、気が付く。

   (あっ、私、トイレに行きたくなった・・ゾ) 
    
    お腹の調子がオカシイ事に気付く。  ぅぅぅ・・


何で、こんな場面でトイレなん?  私って・・  ぅぅぅ
そんなに神経集中してたん?  私・・


   行きました、トイレへ!!

   脱兎のごとく!!

   数分後・・・

   何食わぬ顔で・・

   出て来ました、私、 (~_~;)  スマシタ顔で・・  



 ハァ・・ 今日もこんなに余白が・・ スイマセン、見苦しくて!! 

   m(__;)m  ヒラに、ヒラに。
[PR]
by sakura39-39 | 2005-06-13 10:54 | パチリと★


<< 思わずニンマリ** 玉虫色の玉手箱   >>