カテゴリ:私( 32 )

あたえるもの あたえられるもの


d0023066_15334982.jpg

   花かんざし。

   冬の寂しい玄関先に可愛い小花のポットを置きました。
   乾燥を好む?



うん、じゃあ、うっかりモノの私にはピッタリな植物。  〈苦笑
お日様が当たって、雨がしのげるならココはいいかも。



実は、私、白状します、
人の心が読めるのです?  ハイ。
恐い・・?  〈笑


私のコレ〈´。`;〉は、たぶん霊感に近い距離にある直感から来てるのかも。


人と話してる、

と、結構読めてしまうんですネ、
今どんなコトを思い、
どんなコトを感じながら自分に対してるかというコトが。
オーラを感じるというか、
好意的オーラ、
はたまた逆のオーラ、
もうこれは動物的な本能で。  ^^;


人間ある程度の歳を重ねるとそんなコトは当たり前、
人の心を感じるのは当たり前?

でも、私のコレはたぶん子供の頃から感じるモノ。
だから、大勢の中に居るとかなり居心地が悪かった私。
何で?
どうして?
って、自分のコトを不思議に思ってた。

でも、今思えば理解出来る・・
いろんな人達のいろんな思いが心の中に入ってくるから。
瞬時にキャッチ出来るから。

それは嗅ぎ分けっていうのかな・・
何も感じ無い方が楽だと思う、子供には。



実際の私を知る人は、
こんなコトを思い、感じてるなんてきっと思わないだろな・・

         のほほんと暮らし、のん気で、時に〈?〉抜けてる私が、
         実はこんなコトを感じてるなんて絶対見えないだろな・・
         なんてコトを思ったりして。  




うちの家の隣に、母の従姉妹のおばさん〈子供の頃から呼んでるので・・〉が居ます。
とっても気遣いの出来る人で、そして母性の強い人。

人が見てない所〈公共の場所の用事〉でもコツコツと働き、それを自慢するコトも無く、見返りを求めるでも無く、縁の下の力持ち的存在、そんなタイプの女性です。
子供には無償の愛を注ぎ、それに対して自分のして欲しいコトを願うコトも無いのでは?
そして、余計なコトは決して言わない、しない。

近所におばさんの姉が1人で暮らしてて、その姉の世話までしてる。
お姉さんのその人はもちろん元気。
ゴミ出し、買い物、町内の用事の肩代わり、ほんとにスゴイ・・
まるで叶姉妹の美香さん?  
私もそんな妹が欲しい・・  
うん、かなり欲しい・・!!  〈苦笑



無償の愛。

私が今無償の愛が持てるのは娘かな・・
そして、母かな・・
母には無償の愛を貰い育ち、
そして今度は私が返す番・・ が来てると感じる。


人にあたえるもの
   あたえられるもの



           癒し、無くてはならない、大切なモノかも☆   
[PR]
by sakura39-39 | 2006-02-07 16:27 |

Let   it   be


d0023066_2323356.jpg


なすがままに・・


ブログを始めて、7ヶ月と17日経ちました。

私の性格。
めんどくさがり屋なのに、やると決めたコトは案外緩めない。
毎日決めたコトは続けてやるように努力する、したいと思う。
一旦緩めてしまうと、自分の中で崩れていくのが良くわかるから。
まっいいか、今日は止めとこう・・

だから緩んでしまってるモノ、かなりあります。  〈笑



今、毎日欠かさず続けてるモノ。

毎朝、毎晩のインコへの挨拶。
朝のストレッチ。
玄関の掃き掃除。
お風呂の掃除。
食後のガス・レンジ周りの拭き掃除。


最近、10年近く続けていた日記は書かなくなってしまった・・
日記を付けてると、とっても文字が乱雑になっているのに気付く。
そして、いつもPCやってると漢字が書けなくなってるコトに気付く。
ダメだ、ネ・・



ブログ・・ 日曜日は休み、なるべく毎日続けてきたけど、
最近、なすがままもいいかな・・ と思えるようになってきた。



Let   it   be
そんなコトを思ってる、今日この頃。。
[PR]
by sakura39-39 | 2005-11-25 23:46 |

寒くなると・・


秋から冬になると、ファッションも変わって来るでしょ。
いつも季節の変わり目は、去年は一体この時期何を着てたんだろって思う。
そして、迷う、困る・・



でも、完璧に寒くなると迷わなくて済む。 ^^


私、着るモノがどんな素材でもOKの人じゃないんです。
実は、素材に寄ってはチクチクする・・
そしてかなり痒くなる・・

せっかくお洒落して外出してても、
私の思考回路は

痒くて痒くて仕方ない・・
ア~、早く帰ってコノ服着替えたい・・

              になっちゃう。


だから服を買う時には、
綿100%か、
身体に当てて、
チクチクしないか試してみる。

コレ絶対必要不可欠。


タートルネック、暖かくていいよネ。
でも、絶対無理。
チクチクしなくても無理。

マフラーも要チェックだし・・


超敏感肌。
性格は楽天家。

なのに、
身体だけは、

まっいいかっとはいかないみたい。

何でも大丈夫って人がスッゴク羨ましいよぉ~。




トホホ・・・
[PR]
by sakura39-39 | 2005-10-25 00:12 |

モノクロ


小さい頃の事、たまに懐かしく思い出します。
記憶の箱の中の隅っこにあるモノ・・



私は保育園に通わされてました。 
(そんなコトを思ってたかも)

当時、保育園は家のすぐ近く、小さい私でも一人で行けるくらい・・


外遊びの終了の合図 〝かっこうワルツ〟
今でもこの曲を聴くと、ソワソワしますネ・・  


苦手な事は、眠く無いのに寝なくちゃいけないお昼寝と、
嫌いなおやつ。
好きな事は、砂場遊び、ままごと遊び、
そして、家では味わえない変わった食事。



ある日、私、脱走を図りました。
たぶん、突然家に帰りたくなったのだと・・  ^^;
スタコラスタコラ・・
否、ダッシュして、家を目指して。


やっと家に帰った・・
・・・と思ったのも束の間・・

何故かすぐ先生が家に迎えに来ました。


若い丸顔の先生は体格も良く、
私をヒョイと肩に担ぐと、
あんなに一生懸命帰って来た道をまた保育園へと・・


かなり抵抗しました。
でも、バタバタと暴れる私をいとも簡単にガシッと掴み、
哀れ、またもや保育園へ逆戻り・・



母が保育園に連絡したのか・・
それとも、
先生の直感で迎えに来たのか・・
今となってはわかりません。
でも、それ以来、
私は二度と脱走はしていません、誓って!!


何故、脱走したのかナァ?  ^^;

   きっとお転婆だったのかも・・




ところで、小さい頃の写真を眺めてたら・・

More
[PR]
by sakura39-39 | 2005-09-22 01:20 |

自分探しへの誘い・・


d0023066_23494389.jpg


自分のコトって、わかっているようでわからない。
自分から見た自分と、
人から見られた自分・・
きっと、何処か違ってるんだろなぁ。

そんなわけで、
自分を探しに行ってみます!!



思いつくままに、正直に・・ ^^;

私は、

子供っぽい
好奇心か強い
・・だから知りたがり屋
調子がいい
たまにわがまま(?)
涙もろい
たまに悲しくなる
のんびり
寂しがり
悪口は嫌い
人の心が読める
猫の心も読める
想像が好き
空想も好き
たまにフラッと何処かへ行きたくなる
人を観察するの好き
ナマケモノ
めんどくさがり
嫌なコトは先に延ばしたい
お尻に火が点かないとなかなかやらない
見える場所は綺麗にする
見えない場所は時にヒドイ
楽天家と神経質の同居
クドイのは嫌いあっさりしてる
場の空気は読める
イタズラ好き
甘えん坊
プラス思考
寝る事が好き
直感が働く
決めたコトは結構続ける
枕が変われば眠れない
妙に開き直れる
お腹がかなり空き疲れてると怒りっぽくなる
お腹が一杯になるとご機嫌になる
人の良い面を見ようとする
寝て起きると悪いコトは結構忘れる
かなりヒドイ方向音痴
笑ってくれると嬉しい
モノスゴク抜けてる
みずがめ座・O型


あと、何だっけ・・

アッ、私には人に言えない重大な○○○の秘密が・・・
これは絶対に口が裂けても言えない・・・      


  あわわわわ・・




みなさんも自分探しはどうですか?
楽しいですヨ~♪


  えっ、楽しく無い?  

    そうですかぁ・・・? ^^
[PR]
by sakura39-39 | 2005-09-13 00:29 |

愛しのエビフライ様


私、エビフライが大好き。
もし、この世からエビフライが無くなってしまったら・・
もぉ、この世は終わり・・
生きてる意味が無い?!  ^^
それくらい、好き☆

エビフライにはやっぱりタルタルソース。
エビフライの美味しい店、
大きな大きなエビフライの店、
噂に聞けば今すぐ飛んで行きたい!!  


ちなみに名古屋は本当にエビフライのメッカなのでしょうか?
だとしたら、是非一度味わってみたいなぁ・・




もう一つ、イカのリングフライ。
結構好き☆

でも、実はこのイカのフライ、揚げるのは超が付くほど苦手。
どんなに気を付けて水気を取っててもダメ・・
最終的には油が恐ろしく弾けまくる・・


プッシュン  パッシュン  パスッ  プシューーー


はぁ・・ 恐怖です、アレは・・


祖母がまだ若い頃、
夕飯にイカのフライをすべく格闘してました。
その姿は、今思い出しても笑えます。

頭からはすっぽり農作業をする時の帽子付きの頬っかむり、
メガネ、
夏なのに長袖、
手には大きな鍋のフタ・・
闘う体制です、完全に!!

敵は突然襲い来る、あっつい油爆弾です。
その姿でカメラを向ける私に向かってニタッと笑うのです。
お茶目な祖母です。 



あの・・ あのイカのリングフライ、
どうすれば油はねに襲われるコト無く、上手く揚げるコトが出来るのでしょうか?
あれは得意だぁ~って方は、教えて下さいまし。
ご伝授して欲しいです。



大好物も良かったら教えてネ♪
これが無くなったら悲しいぞ~ってモノを・・ ^^
[PR]
by sakura39-39 | 2005-09-05 00:36 |

       〝目〟に付いて考えました。  \@。@

        目っていろいろな表現に使われますネ。


               目が飛び出る
               目が回る
               目に余る
               目に物見せる
               目の色を変える
               目を掛ける
               目を剥く


        ことわざにもいろいあります。


               目から鱗が落ちる
               目から鼻に抜ける
               目糞鼻糞を笑う
               目には目を歯には歯を
               目は口ほどに物を言う
               目は心の鏡
               目病み女に風邪引き男
               


d0023066_0203253.jpg



私、小さい頃から一重でタレ目、かなりコンプレックスがありました。
笑うと目がタレる・・
小学生の頃、私より学年の小さい男の子に、会うと必ず 「タレ目」 と。
何でコノ子は会う度に言うのか・・ 顔を合わせるのがとってもイヤでした。
でも、一日何回かは絶対行かなくてはならない場所で会う。
それはトイレ、生理的現象は押さえられないですから。

中学になり、家庭科の授業・・
教科の先生が読む教科書に 「・・・垂れて」 「垂れた・・・」
そんな表現があるとドット湧く教室。
先生も笑い、みんなも笑う・・ 
決して悪い意味では無く、妙にウケて笑うって感じ。
当時みんなにはそれぞれあだ名がありました。
でも、乙女心は複雑・・
私、タレてなんかいないもぉ~ん、て思ってた。
苦笑いしながら、心で自分を慰めてた。

ところで、私、視力かなり悪いのです。
年度始めの視力検査、コレもイヤでイヤで堪らなかった。
その内、検査前に予習をするコトを覚えました。
そうです、上の方、怪しまれない程度、上の方を覚えておく。
哀しいコトです、見えないって・・

遠視の友達が居ました。
彼女、確か、2.0 だったかなぁ・・
何でそんなに見えるの~? ってくらい良く見えるらしい。
う、う、羨ましい~ 羨まし過ぎ・・・
遠視用のメガネ掛けてました。

今、〝レーシック〟っていうレーザー手術があるそうです。
タレントの〝おひょいさん〟藤村俊二さんも最近されたそうで・・
コンタクト無し、メガネ無し、起きるとすぐ視界バッチリの生活してみたい・・
いいなぁ~、視力いいって。

でも、娘に聞くと、あの手術はまだある日突然元通りになるコトもあるそうな。
そんなバカなぁ・・
高い手術代支払って、元に戻る・・?


では、では、仕方ない。
も少し、コノ一重でタレ目、近眼の目と付き合うとしましょっか。
[PR]
by sakura39-39 | 2005-08-25 00:28 |

私の中のもう1人の私

   
d0023066_23262066.jpg

         自分の中にもう1人の自分
                
                感じることがあります




とっても熱くなるのに、何処かで冷めた目で見つめるもう1人の私。
すごく視線を感じる。
だから無我夢中になれない。
我を忘れることが出来ない。

そんなに見つめないで。

羽目を外して弾けたいことだってあるのに。
もう1人の私がブレーキをかける。
なりきれない私がいる。
なりきってる私をあざける私がいる。



たまにブレーキ壊れちゃえばいいって思います。
熱くはなるけど、熱狂的になれない。
例えば、コンサート。
とっても大好きな人のコンサート。
周りの熱狂振りは正直羨ましい。
私もあんなに我を忘れて没頭したい。
でも、出来ない。
だって、もう1人の私が見てるから。
冷めた顔して見てるから。

あなたは一体誰・・・





もう1人の私の悪魔の囁きに乗ったある日の私。

More
[PR]
by sakura39-39 | 2005-08-20 00:19 |

告白

 
何だか、妙に書きたくなりました、今日は。
私の告白です。

両親は私が20歳の頃、離婚しました。
でも、何故か全然悲しく無かった。
何故悲しく無かったんだろ・・ 私。

小さい頃、私にとっての父、
子供の目から見ても他所の父親とは何か違ってた。
外見、
う~ん、、まぁ、イケテルかも・・
お洒落だったと思う。
バイクが好き、ギターを弾く、
誰とでもすぐ以前からの友達のようになれる。
決して裕福で無かった家には、私の知らない人達がよく出入りしてました。

母とは職場で知り合い、母を気に入り、1人娘の母と婿入りという形で結婚。
遥か新潟から岡山へと仕事に来ていた父。
職場の上司はコノ結婚に難色を示していたそうです。
後に母から聞きました。

仕事はあまり好きじゃ無かった(?)父。
戦争未亡人の祖母と母だけの家庭。
当然、母は朝から夜まで一生懸命働いてました。
私のめんどうは昼間祖母が・・

その祖母は、私が小学1年の頃、喘息を発病し入院してしまいました。
それから亡くなるまでの間、入退院の繰り返しだった人生。
当然、私はカギっ子になりました。
暗くなっても家には誰も居ない・・
言い忘れました、私も母と同じく一人っ子。
夕方近くまで一緒に遊んでた友達ともサヨナラし、
家で寂しく、犬や猫と帰りを待ちわびる生活でした。

そうして段々私も成長し、中学に入った頃だったかなぁ・・
父が小さいながら会社を始めました。
自動車会社、かなり大手の会社の機械のメンテナンス、
アフターサービスという、当時まだ誰も手を付けていない部類の仕事を・・

アイデアと企画はとっても素晴らしい才能を持っている父。
人が考え付かないコトをやってしまう所がありました。

母は会社の経理を担当、父は営業・・
くそ真面目で正直な母、
社交家で自由奔放な父、
正反対な二人・・

一見順調そうですが、コノ頃から何となくチグハグになって来た二人。
・・・というか、以前から夫婦仲はあまり良くなかった・・
お金が少しは自由になる生活になると、父はやはり悪い虫が・・
働いて居るかと思えば、突然連絡が全然取れない、
一体何処に行ってるのかも解らない・・
会社を経営してるという自覚が足らない。

男って、お金を持つとダメですね。
まぁ、コレは父の場合かもしれませんが・・
いろいろありました、ご想像におまかせします。
いつも、毎日、殆んど、喧嘩の毎日です。
今なら私も理解出来ます、コノ頃の母の気持・・

でも、当時、中学~高校という一番楽しいはずの時期、
私の心はとっても暗かった。
写真の私の表情が物語ってます。
毎日、毎日、嫌だった。
父がたまに家に帰ると始まる喧嘩・・
当然、モノスゴイ修羅場も見てしまいました。
母がこのまま死んでしまうのではないかと思える修羅場・・
とっても悲しく、心が痛い毎日・・
今でも、思い出したくない・・

父は家庭的では無いんですね、子煩悩でも無い・・
だから子供の頃、甘えん坊な私なのに父に心から甘えた記憶がありません。
母と祖母には体ごと甘えてました、私。

そして・・ 
20歳の頃、離婚という母の決断を聞いても、何にも不思議を感じなかった。
そうなんだ、やっぱり、その方がいいよ、コレで母も楽になる・・
そんなコトをただ漠然と感じていました。
冷たいでしょうか?

私、いつも思います、人間、誠意って大切だと。
だから、その人の人間性をどうしても誠意で見てしまいます。
父には欠如してた、誠意・・
お金持ち、社会的地位、そんなモノ全然関係ありません、私の中では。
誠意がある人に出会うと、スゴク嬉しくなります。
人の気持ちの解る人柄に出会うと、スゴク嬉しいのです。

たまに父から突然のように電話が入ります。 
ほんとに思い出したように、たまにです。
今は東京で暮らしてて、何でも、特許を取ったとか・・
へぇ・・ そうなんだ・・ 淡々と頷けます。
アイデアの宝庫の父なら有り得ると・・


両親の離婚を境に、私の人生観も変わりました。
もっと、肩の力を抜いて、自分を飾らず生きて行けばいいんだと・・
自分の家庭は明るくしたい。
明るく生きよう~っ、と。


そして、今の私が居ます、あります。
ノー天気な私があります。
d0023066_1234798.jpg

                     クリオネ →
            可愛いけど、食べる姿は悪魔?
[PR]
by sakura39-39 | 2005-07-29 11:12 |

お化け屋敷

d0023066_10311431.jpg
   今朝はうす曇です。
   外に出ると爽やかな風か吹いてます。
     まるでここは避暑地?
     セミもシャンシャン鳴いてます。


       玄関ドアの掃除を思いつきました。
       黒いドアは雨とホコリに弱いです。
       とても目立ちます。
           時折吹き抜ける風にあたりながら、
           ドアはまた綺麗になりました。



夏といえば、お化け屋敷。
私、小さい頃からお化け屋敷が大好きです。
今でも好きです、こう見えて・・ (そう見える?)
人工的な機械仕掛けより、やはり人間が出てくる方がより刺激的。

娘たちがまだ小学生の頃、3人で入ったお化け屋敷。
ロバガメはたぶんこんな所は嫌いです。
強がってても私にはちゃんとお見通しです。 (イクジナシ)

恐る恐る入る。
いきなり天井から大きな等身大の着物を着た女の子の人形がブラリ・・
見るとあちこちにブラブラぶら下がってる。
ただの人形なのに、なんだか異常に不気味・・
気持悪いなぁ~、でもせっかく入ったし、私コレでも一応親だし・・
腹をくくり、くぐりながら前へ進む。
へぇ・・何にも結局出てこなかったヨと安心し、出口はもうソコまでという時、
狭い通路に不自然に置かれた井戸・・
怪しい、怪しい、妙に怪しい・・
私と長女が警戒しつつ、まず通る・・
少し遅れてびびる次女が通りかかる・・

と、突然中からバァ―ッとお化け!!
『ギャア~~~!!』 次女の大きな悲鳴・・ そして半泣き・・
『おか~さん、おか~さん、何とかして・・ 通れん・・』 と泣きながら訴える。
何とかしてと言われても・・ 困る私・・
よし、仕方ない、こうなったら頼むしかない。
『あのぉ~、すいません、出て来んといて~!! 』 とお願いする。
こんな頼まれ方をされたお化けも居ないだろう。
前代未聞かも・・ 
バイトのお兄さん、仕方なく苦笑い(?)を残し、またすごすごと井戸の中へ・・
大汗と涙まみれの次女を見ると妙に可笑しい。
笑う私に、鬼母と思ったと、後で次女から聞く。  (苦笑)


もう一ヶ所、市内の≪吉本3丁目劇場≫という施設に夏限定のお化け屋敷。
行ってみたく、また娘たちを誘い出かけたコトが。
コレははかなり最近の話、人間のお化けが出ます。
大きくなった娘は頼もしい。
見たい、行きたいくせに先頭は嫌な私、結局肝っ玉がデカイ長女が先頭に進む・・
3人、汽車汽車シュッポシュッポ状態でくっついて進む・・
あちこちでヒョイヒョイ出てきます、お化け・・
『ヒャァ~~~』 と度ごとについつい悲鳴が出てしまう。
驚いた拍子に壁に肘が激突、擦り剥いてしまう。
皮が剥け、赤くなりヒリヒリピリピリ・・

不思議な話ですが、コノ傷、何週間も治りが悪いのです。
やはり場所が場所なので・・ コレは祟り・・?


京都の太秦撮影所内のお化け屋敷は相当恐い。
お化けはすべて人間、それもみんな俳優、リアルでほんと恐かった。
そして、可笑しく恥ずかしい・・
最後の最後の大仕掛けに 『ギャア~!!』 と悲鳴あげつつ出口のドアへ・・
おおっ、アソコに行けば出れる、勢いよく開ける・・ バッ!!

入り口で入場待ちの大勢のお客の前に突然ポォ~ンと放り出される。
大きな悲鳴とともに・・

汗と赤面・・

でも、何故か爽快感。
思いっきり恐がり、思いっきり悲鳴をあげる。
ストレス発散!!
ちなみに、ジェットコースターも大好きです、私。




何処か非常に恐いお化け屋敷ご存知ありません?
[PR]
by sakura39-39 | 2005-07-13 11:43 |