カテゴリ:私( 32 )

萌木色のおもひで

d0023066_10581113.jpg



『 行こうよぉ~、行こうよぉ~ 』
また始まりました、さくらのお決まりの言葉・・

夕闇が迫り、外はとっぷりと暗くなると母にねだります。

腕にはしっかり自分の体程ある人形を抱え、
オムツの外れないぷっくりと大きなお尻、
母の顔を見上げ、

『 行こうよぉ~、外へ行こうよぉ~、何処か行こうよぉ~ 』

でも、今日のウメコは絶対聞き入れない。
聞く耳を持ちません。
強硬手段に出る決意。

『 そんなに外がいいなら一人で遊んで来なさい!! 』

ピシャリと言い放ち、さくらを家の外に追い出すウメコ。
家の戸を全部閉め、外は真っ暗闇。
暗黒の世界にポツンと取り残されたさくら・・

呆気にとられ、涙が溢れます。
いつもの優しい母は何処にも居ない。

『 ウァ~~~ワァ~~~ン・・・ 』
『 開けてよぉ~~~ !! 』   
『 かっかぁ~~~!! かっかぁ~~~!! 』

ドンドンドンドン・・・・・!!
ドンドンドンドン・・・・・!!

涙と鼻水でグチャグチャになった顔・・・
泣いても叫んでもいがっても、母は聞いてはくれない。

ヒック、ヒック、ヒック・・・

何度も何度も叫ぶ・・
家の明かりがスゥ―ッと庭に差しました。

母の恐い顔。
見たコトも無い恐い顔・・

『 もう、わかった? もう行こうって絶対言わない? 』
『 う・・ん・・ わか・・・っ・・たぁ・・ も・・・う・・言わな・・いぃぃ・・・ 』

しゃくりあげながら答えるさくら・・
やっと家の中に・・

それからのさくら、
2度と言いません、
夜になると外に出たいなどと・・
口が裂けても言いません。
いい子になりました。
コノ件に関しては、
いい子になりました。


これは私の実話です。
母は仮名、ウメコ。
そして、コノ時、実は第三者が居ました、父の友達が・・
ウメコに言いました。

『 ウメちゃん、かっかぁ~は止めなさせなさいよぉ~、かっかぁは・・ 』

当時、私3歳くらい。
どうやら、『 かっかぁ 』 『 とっとぉ 』 と言ってた。

母に聞くと、
言いやすい言葉だったのでは? と、サラッと・・

今の私には想像も出来ない言葉・・   (苦笑

田舎の子丸出しです。
まぁ、田舎の子ですが・・ 私。

忘れられない、光景。
そして好きな色、萌木色。


ちっちゃな頃の私のおもひで・・・
[PR]
by sakura39-39 | 2005-07-08 00:57 |

スリルを楽しむ

d0023066_102395.jpg
2階の部屋に鏡台があります。
昔から使ってる三面鏡。


お洒落なドレッサー、いろいろ見かけますネ。
でもコノ三面鏡は何故か手放せない。
母からプレゼントされたモノ・・
思い入れがある・・

う~ん・・
なんだろ・・

便利なんです。
横から後ろから、いろいろな角度から見える。
だから、とっても気に入ってるモノです。

コノ鏡台に、今、あるモノが同居してます。
ソレは、

制汗スプレーとホイップタイプのスタイリング剤。

見た目、形状、まさにソックリ。
だからいつ間違えるかわからない・・
否、きっといつか間違える・・
ドジな私はきっとやる・・

脇にホイップ ⇒ アワワワワ~~~
手の平に制汗スプレー ⇒ プッシュ~~~

でも、いい。
このスリルが堪らない。
だから、気を付ける。

いつか私の叫びが聞こえるかも・・
『ヒャァ~~~、アチャァ~~~』 と。    ニタリ・・


そういえば、最近、開店休業していた ≪刈寸間美容室≫ またオープンしました。
以前、私のカテゴリで紹介した 〝刈寸間美容師〟 例の彼女です。

気付かない内に伸びてしまった髪の毛、
多少(?)くせ毛の為、首周りの毛が汗をかくとクリンクリンに・・
前衛的なピカソみたく、自分でも笑えます。

え~い、このさいストパーをかけちゃえ!!
スパッとサラサラの髪の毛憧れです。
約、30分後、ツンツンになりました・・
鏡に映った自分の頭にご満悦・・
娘のトリートメント、チト拝借。
いい香り~~~♪

うん・・ ?
少し長い・・ ?

じゃあ、チョキチョキしちゃえ!!
ジョギ、ジョギ、シャッ、シャッ・・

うん、なかなかいいではないのぉ~。
夏らしくスッキリしたよ。             ニコッ・・
[PR]
by sakura39-39 | 2005-07-05 10:53 |

体質

私は過敏体質かもしれません。
そして、たぶん多少アレルギー体質・・?

化粧品、なかなか合うモノがありません。
使い慣れてないモノを使うと、翌日顔の皮が剥けてます。
だから、時々掛かって来る電話での甘い誘惑には乗れません。

口紅、たまには明るい色を・・
買ってみる。
使ってみる。

ウワワワ~~~、何じゃコレってくらい赤い発色!!
かなりくすんだ色で好い加減な色になります。
失敗した口紅は母に譲ります。
母は反対に、人を食ったの? というくらいで丁度好い加減・・
親子でも違います。

ボディーシャンプー。
何でもは無理です。
使い慣れて無いと、翌日首の廻りが痒い・・

最近、お気に入りのボディーシャンプー見つけました。
頂きモノだったオリーブ入りのモノ、とっても気に入って使ってます。
しっとり、爽やか、スベスベになります。
痒くありません。
同じ県内の会社の製品。
無くなると薬局へ・・
詰め替えが無いのが唯一、弱点です。

シャンプー、コレも何でも良くは無いみたいです・・
多少くせ毛、固い髪質の私、
使う製品で、手触りが微妙に違う・・
1発買いはかなりの冒険です。
失敗すると、母に譲ります。
母は何でもOKのタイプ
羨ましい、体質です?


あの・・ いつも思ってる疑問があります。
男性はシャンプーって、女性と同じモノを使っているのでしょうか?
ヘアカラーは男性用のモノがありますよネ?

うちの主人、娘と私が使ってるシャンプーを使いたがります。
頂きモノのシャンプーを勧めても何故か使わない。

怪しがってる?
あまりに勧められると怪しい?
はては、訳ありシャンプーだと・・?   プププ~
そんなコト無いのに・・

うん・・?  ほんまにぃ~?  (笑)



                                
[PR]
by sakura39-39 | 2005-06-30 10:48 |

刈寸間美容師

      
小さい頃から人形の髪をいじるのが大好きでした。


結ってみたり、とかしてみたり、切ってみたり・・
野山を駆け巡って遊ぶ合間にちょこちょこと。


たぶん、小学生の頃から自分の前髪はカットしてました。

大きくなったら、美容師かペットの毛をカットしたいなぁと漠然と・・



今、私は10年くらい美容院に足を運んでいません。

お気に入りの店はなかなか見付からないし、
カットの後家に帰ると必ず自分の手で手直ししてしまう、
待ってる時間は煩わしい、
じゃあ、もう、自分でやっちゃえと思うように。

私の髪は少し固くて、少しくせ毛。
普通の人が軽くボディーパーマをかけた感じかな、たぶん。
これにパーマがかかるとかなりヤバイ!!
毎朝大変なコトになります。

なのでパーマの必要は無し、
たまにストレートにしたくなれば自分でストパーを、
ヘアカラーも自分で。


カットは適当に普通の鋏とスキ鋏でシャキシャキやってます。
見えない後ろは両手で掴んだ感触で・・

触ればカットした量のバランスがだいたい解るので、
時々鏡を見ながらシャキシャキと。

自分の髪だし、失敗してもまた髪の毛は伸びるし、
自由に気ままに・・
感覚と触覚が頼りです。


以前飼っていた犬(きっとトイプードル?)もバリカンでジョキジョキやってました。
私の恰好の餌食!!

何故か、顔の周りと大事な箇所はモノスゴイ警戒ぶりでした。
それは・・
     1回耳を少し切ってしまったから・・

ブルブル震えてました、何故か・・
これって、軽い動物虐待?

     いえいえ、スゴク可愛がっていましたとも・・


           美容院代、安く上がります。




d0023066_1013441.jpg
      ちょこっとの合間にチョキチョキと・・
      刈寸間美容師。
      カリスンマ美容師、
      人呼んで、
          カリスマ美容師です。
[PR]
by sakura39-39 | 2005-05-30 10:28 |

イタズラ

d0023066_1211266.jpg          
                                                                 私は、大きな声では言えませんが、
      イタズラが大好きです。



小さな頃から結構ちょこちょこやってました、イタズラを・・
大人になるまでの一番の被害者は私の母かもしれません。
母は私の友達の様な存在でしたから。

でも、今でもこれは少し度が過ぎたと反省しているイタズラがあります。
中学の頃、親友の女の子が、〝蛾〟が大の苦手というのを知りました。
綺麗な箱に、学校で捕まえた特大の〝蛾〟を入れ、丁寧にリボンをかけ、
   
   『はい、これプレゼントだよ!!』 って渡しました。
   『へぇ~、何だろ~、ありがとう~~~♪』 とっても喜んで・・

でも、箱の中身が分かった途端、

   『ぎゃ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーーーーー!!!!!!』

放課後の人気の無い教室はおろか廊下まで響き渡る異様な悲鳴・・

   『・・・・・・・』  ヤバイ・・・・・  大汗・・

その普通じゃない声を聞きつけて、担任の教師がすっ飛んで来ました。
  
   『どうしたんならっ!!』 って血相を変えて。

私、本当に小さくなりながら事情を説明しました。
こんな事になるなんて、思っても居ない事態に発展してしまったとひたすら小さくなりながら・・
私の話に教師は、半ば苦笑いしながら納得してくれました。

   ハァ・・ 良かったぁ・・

親友には謝りました、もちろん。
あまりの反応の良さ(?)に、少し(?)反省した私でありました。
この記憶、未だに彼女はハッキリと覚えているそうです。


結婚してからはロバガメが私の標的になりました。
トイレからスッキリとした顔をして出てくるのを待ち構え、『ワッ!!』 と脅かす。
その時の驚いた顔・・・ モノスゴク反応がいいのです。

寝ている足の指に生えている数本の毛を眺めていたら無性に抜きたくなる。
1本だけ毛抜きで抜いてみる・・  
やっぱり痛いんでしょうね、一瞬で飛び起きます、やはり・・

寝顔を眺めてると、無性に鼻の入り口に〝ウナコーワ・クール〟を塗りたくなる。
飛び起きますね、やはり・・

もちろんモノスゴク怒られます。
でも、その反応の良さに、止められないものがあるんですね。
そういえば最近はやってません、イタズラを・・

  
   ロバガメも悲劇ですね、こんなバカな妻の相手をするなんて・・
[PR]
by sakura39-39 | 2005-05-21 11:37 |

もしかして、これは・・

  
     さくらです。

   起きてるだけで鼻水がツツ―と垂れるとです。

   鼻に詰めをしてやりました。

     
     さくらです。
 
   体がフワフワするので熱を計ると7度5分ありました。

   平熱5度台の私にはチトだるかとです。


     さくらです。

   風邪は娘達の母の日のささやかな贈り物です。

   嬉しくて、有り難くて、涙と鼻水が滝の様に溢れて止まりましぇん。


     さくらです。

   ティッシュペーパーが無くなりました。

   何もしなくても腹筋が鍛えられる安上がりな女です。


      さくらです。  さくらです。  さくらです。。。


         〝 花粉症に風邪のダブルパンチは最悪ですネ・・〟
 
         
[PR]
by sakura39-39 | 2005-05-10 09:54 |

指が・・・

最近日差しが段々強くなって、運転してると右側の手が微妙に左手と色合いが違って来てるみたいです。

 あちゃ、ちゃ・・
  でも、私防護してないんですね・・ 
   すればいいんだけど、まぁ、いっかぁ~って。

真夏になって長時間ドライブって日には日焼け止めクリーム塗る事もあるけど、後しっかり落とさなきゃならないでしょ?
長袖シャツを着たりもするけど、気が向けば・・  (苦笑 **

        
         私の親指ってこんな感じに反るんですけど、変?
         周りにもあまり居ないんですね、こんな人は・・
         『何、ソレ~!?』 て言われるし。
         何でも、≪マムシ除け≫になるらしいです。
         器用な人も多いらしいです・・ (ほんまかな?)
         でも、マムシは普段みないからあまり関係ないかな。。

d0023066_931789.jpg


         きっと普通はこうでしょ?  たぶん・・

d0023066_9314699.jpg


         ボケボケ写真です。。。  @。@;\



          
[PR]
by sakura39-39 | 2005-05-09 09:29 |

子供の頃

d0023066_9551760.jpg

今日は天気いいですよ。
近くの山に新芽が芽吹き、私の大好きな季節です。




子供の頃の私って、今から思えば結構お転婆だったような気がしますね。
3歳ぐらいの頃、雨が上がると一人で近くの小さな川に赤い爪のカニを捕りに行ってました。
バケツと火箸を持ってトコトコと・・
私の住んでる所は海が近い為、普通の川にもこんなカニが居ます。
山あいのサワガニとは又全然違いますね。

晴れた日には近くの田んぼにカエル捕りに・・
手掴みで、殿様カエルや土カエルなんか平気で捕まえてました。
連れて帰ったカエルをタコ糸でくくり散歩なんかする変な子でした。
1回、大きな大きなカエルが居たんです、小さな私にはそれはもう巨大なカエルに見えました。
今から思えば、きっとアレは食用カエルですね。
さすがの私もこの時は手掴みでって訳にはいかず、家に急いで帰り網を持って出直したけど・・ もうあの巨大なカエルは居ませんでした。
ひどくがっかりしたのを憶えています。

私には近所に同い年の男の子(学年は一つ下)が居て、毎日良く日が暮れるまで遊んでました。

三輪車で遊ぶのが大好きで、その日も近くの家の敷地内にある・・ 台風の後に貯まった水がまるで小さな池のようになっていた場所のすぐ近くで遊んでました。
でもあまりに近くで遊んでた私はバランスを崩し、三輪車を残し自分だけドボンと水の中へ・・
たぶん1メートルくらいの深さだったと思います。
今でもあの時の水の中で必死にもがいている自分をもの凄く良く覚えています。
もう私はこのまま死ぬのかなって、子供心にも・・
でも、一緒に遊んでた男の子がすぐに私の家に知らせに行ってくれ、たまたま家に居た父が私を引き上げ人工呼吸でまた呼び戻されました、この世に。

小学校にあがった頃、共働きの両親の代わりに私の面倒を見てくれていた祖母が喘息の発病の為入院してしまいました。
私は一人っ子の為家には誰も居ないし、日が暮れるまで近所の子供達と遊んで居ました。

その頃、たまたま歩いてた道の側の小さな溝に、それはそれは美味しそうな掘りたてのサツマイモが一個転がってたんです。
『私をどうぞ拾って食べて!!』 って感じで・・
コレを家まで持ち帰り、庭で山から集めた枯れ木とか落ち葉を焼いてその中でそのサツマイモを焼いて食べました、私。
とってもホクホクと美味しかった~!!
今から思えば、あれは泥棒なのかな・・?
まあいいです、もう時効です。

庭で綺麗で手頃な空き缶にお米を磨いで入れ、石でかまどを組んでご飯を焚いて食べた事もあります。
これ、とっても美味しかったです!!
何でこんな事をしようと思ったのでしょうね、今から思えばきっとお腹が空いてたんでしょうね、私・・
それに子供だけでこんな火を燃やすなんて、今から思えばとんでもない話ですよね。

親戚の家の近くの山が台風で土砂崩れになり、その後の地肌にピカリッと光るモノを見つけた事があります。
何だ? 何だ? と気になり掘って見ると、それは綺麗な水晶でした。
それからは学校から帰ると毎日毎日その場所に通い、水晶掘りに没頭してましたね。
あんなに必死で夢中になった事はありません、形相変わるくらい熱心でしたね。
楽しかったなぁ~。

3年生の頃、父が突然店で買ったと言って、アメリカンコッカースパニエルの男の子を連れて帰りました。
なんでも血統書付きらしく、小さなその子はとっても愛くるしく、私の友達になりました。
名前をハッピーと名付けました。
裕福でも無いのに突然の大きな買い物をする父です。

時々ハッピーと散歩をして居た私。
当時、まだ今よりもっとのんびりした環境で、畑の中には所々肥溜め(人間の排泄物を溜めて置く場所)が有りました。
たまたまその近くを通ってしまい、哀れハッピーはドッポ~ン、ズブリとその中へ首まで浸かってしまい・・
必死で引っ張り上げ、もの凄い匂いを発するハッピーを家までスゴスゴと・・
母の怒る顔が私の脳裏に浮かびました。
・・・・・・
やはりこっぴどく叱られました、私。
可哀相なハッピーは、まだ肌寒い3月に、井戸の水で何度も何度も水を掛けられ洗われてました。
何日もその強烈な匂いは消えませんでしたね。

            ひどい私、反省してます、今でも・・
[PR]
by sakura39-39 | 2005-05-07 11:09 |

好奇心

d0023066_10245162.jpg 

       
        私の興味あるモノは・・

 
       
        映画  本  作るコト  動物  インテリア  雑貨
        料理(味付け・盛り付け・・ 食べるコト)  人間観察
        初めての街を車でドライブしたり歩くコト  占術
        サッカー(代表戦に限り応援)  
        ブログ(いろんな人達のページをほほぅ・・と研究する)


            結構いろいろありますネ。

    
        いいなと感じたコトは柔軟に取り入れ吸収し、    
              善くないコトはではでは、と訂正し・・    

                
d0023066_10382515.jpg

                                                                            その中でも特に好きなモノが音楽かな。




       私の生活の中で切っても切れないもの・・
         和、洋、ジャンル、傾向は全然こだわり無く、
   
            古い曲から新しいモノまで、  
               心が感じるままに聴いてます。
   
          楽しい時・・ ウキウキ、ルンルン
                落ち込む時・・ 癒しの曲を。。

       
            何でも有りは私のモットー
              やってみなきゃわからないから。。☆*


    
[PR]
by sakura39-39 | 2005-05-05 11:22 |

直感

      私は直感が働きます。
        たぶん霊感に近いほどの直感が
              第六感、シックスセンスも・・


≪人の心が瞬時に読み取れる≫ なぁ~んて。
少し大袈裟だけど、これはある種備えられた能力なのかなって思う。
人の心、気持が手に取る様にわかる。
悪の心、善の心、嫉妬、孤独、弱ってる心・・
でも、こんな事を考える様になったのはつい最近のこと。

たぶん私の成長するまでの家庭環境から培われたのかも・・

お世辞にも何不自由ない幸せな環境で育ったとは言えない。
小さくても、大人の気持ちを推し測ってた。
今の私からはきっと誰も想像出来ないと思う、
普段、のんびり、ポーカーフェイスの私だから。 (苦笑)

人の悪口、影口は嫌いです。
そんな心に出会うと心がズゥ~ンと重くなる。
ピュアな心の持ち主は無色で透明、
スゥ~ッと心に入って来て、濁った色は感じない。

だから動物と接してる方が楽なのかもしれない。
 
最近は、この直感、いや、神のお告げ(?)に素直に従うようにしてる。
ピンと閃いた事は、素直に行動に移すと何故かスムーズに事が運ぶから。
                                                          反対に心が重い事は無理に進めない様に・・
後から思うと後悔する事が多いので。

でも、言われました、
『直感、霊感はギャンブルには使えないよ!!』 って。
ほんとに・・

        宝くじが当たりませんから・・!!   
[PR]
by sakura39-39 | 2005-04-28 10:47 |