カテゴリ:ペット( 17 )

ワタシの履歴書

d0023066_1283737.jpg


ワタシ、ジュリー。
もう84歳らしいですわ・・ ´~`;
長い間生きてると、昔のコトは走馬灯のよう・・
記憶はかなりぶっ飛んでます・・だ。  〈苦笑

んな、ワタシの所に、秋田のめんこいモモちゃんからバトンが渡ってきたみたいで、こりゃ一丁挑戦してみますニャ♪


Q1  あなたが好きな動物はなんですか?

  う~ん、動物ぅ・・?
  若い頃はセミを生きたまま捕まえてたっけなぁ・・
  これでも、ワタシ、セミ撮り名猫だったニャ。   ムフッ

Q2  あなたの猫種と名前はなんですか?  

  猫種ねぇ、う~ん、雑種かニャ?
  見かけはロシアンブルーに見えるけど、お腹にはバッチリ白いマーク入り。
  お母ちゃんはチンチラペルシャっぽかったけど、お父ちゃんは生粋のトラ猫だもんで。
  名前は、ジュリー。

Q3  あなたにとってママは、どんな存在ですか?

  ママねぇ、これ・・ 秘密でっせ。。
  アメとムチを自由自在に操る、あれはかなり変な人でっせ・・  ムハハ

Q4  あなたの特技を教えてください

  特技は・・ う~ん、こう見えても昔は細い腕でも力持ち。
  どんな重い扉でもウンショッと軽々開けてたもんですニャ。
  それと、身軽さですかニャ、でも・・ 最近めっきり・・   ホェ~
  あっ、そうそう、お喋りも得意、一日中でも喋っても平気ですニャ。

Q5  あなたの癖は、なんですか?

  癖、もしかして、アレかな?
  トイレ使った後、何度も何度も砂掛けチェック?  〈笑
  これは、レディーのたしなみ、でも家族はもう止めろ~って言うんですわ・・

Q6  今あなたは、どのような遊びをしていますか?

  はっ・・ 遊びねぇ、最近遊んでないかニャ~。。
  なんせ、遊ぶより寝てる方が良くなってるもんで・・
  昔はなぁ・・・・・  〈遠い目

Q7  あなたは、なにか特技を持っていますか?

  エヘヘ、あります、ありますニャ、あれは物凄~い特技ですわ・・
  ワタシ、大声が出ます、うん、きっとかなりいい線いくんじゃないかと密かに・・
  この声で鳴くと、テレビも聞こえない、電話も聞こえないって言われるんす・・
  それに、かなり奇妙な声らしいす・・ 誰も真似出来ないみたいす・・  ポリッ

Q8  あなたはベビーの頃とくらべたら何か変わりましたか?

  おぉ・・ ベビーの頃・・?
  遥か昔・・ 見ての通り、こんなにおっさん顔になっちまいました。
  どうも甘さが無いみたいで、ワタシの顔って・・  〈苦笑
  それに、どうやら色気も無いって・・ うるさくって、家族が・・  
  猫のコトだと思って、好きなコト言って・・ 
  ↓の写真、ワタシもこんな頃があっただなんて・・ねぇ  
  兄姉に囲まれ、楽しかったニャ。

d0023066_12571117.jpg


Q9  最後に、ママに出会えてうれしかった事を教えて下さい

  嬉しかった事・・?
  そうだニャ、いつも一緒に家に居てくれて、話もたくさんしてくれたかな・・
  たくさんたくさん、遊んでくれたっけ・・
  ワタシ、こう見えて、スゴク寂しがり屋、誰か居ないと寂しくってニャ~
  一人だけ貰い手が無くて、行く末どうなるかと心配したけど、今、幸せかも・・?

Q10  最後に回す人3人を決めて下さい

  う~ん、回す人・・
  猫さんと暮らしてる方、もし、面白いなって思ったらやってみて下さいニャ☆
  今日は久しぶりに記憶を辿ってみたっす・・
  そろそろ、また昼寝すると・・  するかニャ。。    


                             ニャムゥ~    by  ジュリー



     影の声

          実は、最近、ジュリーは少し、否、かなり耳が遠いみたい
          大きな声で呼んでも聞こえない時が有り・・
          だからあんなに大きな声で鳴くのかなぁ?
          自分の声のボリューム調整がわからなくなってるのかなぁ?
          こんなに長生きした猫を飼ったコト無いので、
          果たしてこの先どうなって行くのやら・・       
                  
[PR]
by sakura39-39 | 2006-08-26 13:05 | ペット

めもりある

d0023066_19412673.jpg

励ましの言葉、ありがとうございました。
本当にありがとうございました。

今日、気持ちが大分落ち着いてきました。



2~3日、思いっきり泣きました。
涙って一体何処で作られてるんでしょうネ。
後から後から洪水のように・・
鼻水も・・ セットで。

私の貯蔵タンクはきっと今は空になってると思います。

泣き腫らした顔を鏡で眺めてビックリしました。
まるでボクサーが1ラウンド軽く戦った後の様な目でした。
誰にも会いたくありませんでした。  ´~`;



こさく、本当に大きな存在でした。
猫だけど、猫じゃない。
限られた期限を幸せを運ぶ為に我が家にやって来た、そんな招き猫でした。


亡くなった当日の朝、
母がオシッコをさせる為にほんの少し外に出してやりました。
外で自由に生活してたので猫用トイレでは全然しない猫でした。
ちょっと目を離した隙に姿が何処にも見えなくなったこさく・・
散々探し回り、やっと見つけた時、こさくは隣の家の物干しの側でうずくまって居たそうです。
どうしてソコに居たのか・・

こさくは隣の家の家族が大好きでした。
いつも優しく声を掛けてくれてたし、おばちゃんも、孫も、そしてひ孫のアヤちゃんも大好きでした。
おばちゃんには特に甘えて、うちの家まで連れてって欲しいとねだってたそうです。
甘えられると、おばちゃんは大きなこさくを抱っこしてくれるから・・

今から思うと、あの日こさくは、サヨナラを言いに行ったんだと思います。
「今までどうもありがとう~」 と。
そう感じるのです。


亡骸は市内の葬祭場で火葬にして貰いました。
菊の花に囲まれて、まるでいつものように寝てるような顔でした。
近所のこさくを可愛がってくれてた方達が弔問してくれて・・
幸せだネ、こさく。


こさくは亡くなってしまったけど、
感謝の気持ち、人を労わる心、優しい心を教えてくれたように思います。
普段あまりに近い存在の家族・・
こさくの死を通して心が1つになったように思います。

娘達のこさくに対する気持ちが物凄くわかりました。
母に対する労わりの気持ちも・・


食事も喉を通らない程悲しんでた母の為に、
長女はこさくの写真を散りばめたアルバムを作り、
次女はコルクボードにこさくの写真を飾って渡しました。

d0023066_2032301.jpg


こさくの写真に語りかけてる姿はとっても嬉しそうです。
本当に嬉しそうです。


身代わりって言葉ありますよネ、今年になって体の調子がおかしい母。
可愛がってくれてる母に恩返しをしてくれたのでしょうか・・
奇しくも、こさくが突然逝ってしまった日、 母の日でした。


また元気な私に戻ります。
思い出話に登場するこさくはいつまでも元気で丸々と太ったこさくです。



.....................................☆.......................................



コメントを下さった方々にお返事を返すコトを、どうすれば心が伝わるのか・・ 
・・ いろいろ考えた末、ブログに訪問してお返しする事にしました。

一人一人お返しすれば良かったのですが、きっと読みづらいのではと考えました。
勝手な判断で申し訳ありません。  m(__)m

↓の記事のコメント欄の  の印の所にも少し返信させて頂きました。



           心から、本当にありがとうございました。。
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-18 20:44 | ペット

実は・・


今日、午後4時30分、飼い猫のこさくが亡くなりました。

今週の火曜日ぐらいから食欲が落ち、
でも、様子をみればまたいつもの様に元気になると思ってました。

2日経ち・・ 
やはり様子がおかしいので木曜にかかり付けの病院へ連れて行きました。
かなりの高熱〈39度台、猫は平熱38度くらい〉でした。
痛い思いをして2回も血液検査の為採血し、
レントゲン検査・・
はっきりしたコトか゛わかるのは金曜とのコトで家で待機・・
も一度金曜に来院・・
わかったコトは“鉄性貧血”ではなかろうかと・・

鉄分を補う為の錠剤を貰い、首筋に保水の為の注射をされそのまま帰宅しました。
その他の手段は、全身麻酔の点滴か何回かの輸血のみだと言われました。
でも、もうかなりグッタリしてるこさくに対するその他のコトは何もされません。

土曜日、一日様子を見ても目に見えて弱って来てる・・

そして、今日の日曜、
肩で息をして、もううずくまって歩くコトもままならない様子。
前から疑問を抱いていた医師への不審感から、違う病院へ連れて行く決心をしました。

日曜日でも診てくれる、インコのパールのかかり付けの病院へ・・
事情を話し、まずは血液検査・・
ここの病院では一時間程で検査結果が出るというコトでした。
医師の診断の結果・・ “血液のガン”

とっても親身な医師の手当てとお話でした。
動物に対する優しさが感じられました。
かなりのショックを受けました・・
でも、この医師ならこさくを任せられるのでは・・ と正直思いました。

病院を変えてみるってかなり勇気が要ります。
でも、このまま後悔したくなかった・・
してやれるコトはやってやりたかった・・

薬何種類かと食事が全く出来ない為の栄養の補給をするエネルギーサプリメント。

こさくを乗せ家まで帰りました。
ケージからヨロヨロと出た足取りは、もう普通の状態ではなく・・
顔も以前のこさくではなく・・


帰宅後、数時間、
母と見守る中、とうとうこさくは逝ってしまいました。

呼びかける声に時々弱々しくシッポを振ってました。
時々、頭をもたげ何かを探すように・・

物凄い痙攣と嘔吐。

猫の死を最期まで見守ったのは、こさくが初めてでした。


こんなにあっけなく死んでしまうなんて・・
動物は自分の弱い所を見せない・・


たかが猫1匹と思うかもしれません。
でも、我が家ではこさくはとっても大事な家族の一員でした。
愛されていました・・
素直で怒るコトを知らず、
人懐っこくて、
癒しの声の持ち主でした。


今、母の部屋でいつものように寝ています。
隣のおばちゃんに枕経をあげて貰い、
般若心経の紙に包まれ・・

娘が菊の花を買って来てくれました。


顔を見ると涙が後から後から・・
こんなに辛いなんて・・



みなさんから頂いたコメントへのお返しを早くしなければならないと思いつつ、
どうしても今は出来ないのです。
ごめなさい。  m(__)m


もう少し気持ちが落ち着いたら・・

その時までどうか待って頂けますか?



d0023066_23592629.jpg


こさく、私の一番好きな写真。
ブログを始めた頃にトップに使ってたモノ。
少し上向き加減の時の顔と、特徴のある目が大好きでした。
うちへ来て、9年でした。
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-15 00:03 | ペット

かなり参るんです・・  


         ある日、エロエロ星からやって来た、
                       うっさんマン!!


d0023066_1431772.jpg



うっさん、実の名前はジュリー。
今年、18年目突入。

お喋り猫で、一日中かなりうるさく鳴くからうっさん。
そして、エロイって意味じゃなく、
「エ゛ロエ゛ロ~~~ッ」って鳴くから。


うっさんはエロエロ星からカプセルに入れられ、この地球へ飛んで来た。
エロエロ星の生き物はみんな賑やか。
だから星は賑やか、
堪らなくなったエロエロ星人はこうして別の星に飛ばすらしい。

見た目もかなりユニーク。
胴長で短足、お腹と脇の下には白い毛が・・
歩くと揺れる弛んだお腹の皮。
ニョッキリ覗いた両方のキバがトレードマーク。
そして、鳴き声、
普通の猫の声では決して無い。
表現し難い奇妙な声。

魚屋のオッサンの濁声に底力をブレンド、
ダイナミックな声量に時折妙な裏声が混じり、朝の第一声を放つ。
でも、一応女なんです。


それは朝に限らず、何か行動をする度に報告の大音量。
トイレ、食事、散歩・・
すべての報告をしなければ、
これはエロエロ星人の厳しい務めだから。


身体には最新鋭のセンサーを装備。
半径5m以内は充分感知OK。

人が接近する、物が動く、手を振る、
全てキャッチする、素晴らしいセンサー。
そして、鳴く。
例の声で・・


センサーは古くなるとエロエロ星から瞬時に届く。
だからいつも最新鋭。
壊れないし古びない。




これ、作りモノの本当の話です。  〈苦笑
本当に凄い声で鳴きます、毎日、しょっちゅう。

こんなお喋り猫にしてしまったのは、
どうやら私のせいらしいです・・  
何でも話し掛けて育てたら、気が付いたらこんな猫に・・  〈汗々
声以外はいい猫なんだけれど・・

そういえば、私が育てると妙なモノに育つらしい。
インコもカメも?
じゃ、人間の娘も?  〈苦笑


普通の声で鳴く猫がいいなぁ。
声を取り替える整形手術が韓国ではあるらしい。
猫も無いのかなぁ?


               
       なぁ~んて、マジで日々思っております。   ハァ。

       聞かせてあげたいなぁ、うっさんの声。
    
           うん?  聞きたくない?   

             ですかぁ、やっぱり・・    (ー。ー;)    
[PR]
by sakura39-39 | 2006-04-18 15:02 | ペット

ぼく、リッキー


d0023066_22323558.jpg



我が家のインコ、お喋りリッキー。


毎日奇妙なお喋りを聞かせてくれるんだけど、
最近聞いた言葉でハァ~? って思ったのは・・


バイキン  バイキン  リッキーちゃん !!


???・・・
バイキン?



そんな言葉教えたはず無いヨ?
何だ、それ・・?




で、よぉ~く考えたら、
以前良く喋ってた、  バイバイキィ~ン の変形版?  


確かに、確かに、妙な言葉ばかり教える飼い主だけどネ・・  ^^;
でも、インコとお喋りしてる私って変かなぁ?
それにそんな姿を傍目から見ると・・

まっ、いっかぁ。。





       何か面白い言葉ありませんか?
         こんなコト教えたらいいかも~って無いでしょうか?




       〈テ、ネタオモイツカナイカラコンナキジニ・・ インコヲモッテクルナンテ・・ ネェ。。〉
[PR]
by sakura39-39 | 2006-03-19 22:54 | ペット

おねだり


こさく。

只今、体重、6キロ。


母に欲しがるだけ食事を与えられ、
目の中に入れても痛くない程、寵愛を受け、
この世の春。


でも・・

猫、そしてメス、仮にも女性、
6キロって体重オーバー?



お腹が一杯でもいい匂いがすると何処からとも無くやって来る。




クンクンクン・・・
ヒクヒクヒク・・・
いい匂いだニャ・・・



d0023066_114617.jpg



                                ペロッ








                 
さぁ、新聞を読んで・・

d0023066_27476.jpg



何かお得な情報・・
          ダイエットは・・
                     載ってない・・っか。
                                         ハァ~
[PR]
by sakura39-39 | 2005-12-13 01:05 | ペット

猫といえども


ちっょと可笑しいコトがあります。
可笑しいと言えば本人(?)にはかなり失礼なコトではありますが・・
でも、笑えるので・・


ジュリー、あれから毎日薬を朝晩飲んでます。
というか、飲まされ続けてます、嫌々ながら。

あまりに嫌がり、凶器を振り回すもので、私もいろいろ対策を練りました。
・・で、寝込みを襲うという手段に・・
グッスリ寝入っている時にガッと口を開け、
サッと薬を喉の奥まで差込み口をしばらく押さえて置く・・
コレ、かなり抵抗を押さえられるし、有効な手段なのです。

ある日の朝、寝込んでるジュリーに近付き、
しめしめと思い口に手を掛けた瞬間、
突然のコトにモノスゴク驚き、
ピョ~~~ンと飛び上がり・・

それからというもの、薬を飲まされる時間帯はバッチリ目を開け、
ちっとも寝ない猫になってしまった。
いつ見ても、
どんなに眠そうに目がトロ~ンてなってても、
頑張って起きてる猫・・

すごいなぁ~と思った。
猫でも根性あるなぁ~と思った。
寝たら絶対ダメと思ったのかなぁ・・?

d0023066_11415679.jpg

          猫といえども侮れないゾ・・
[PR]
by sakura39-39 | 2005-08-31 11:44 | ペット

ジュリー病院へ行く


d0023066_9333165.jpg
   生まれてから17年。
   人間年齢80歳。
   とっても長生きです。
   こんな猫今まで飼ったコトありません。
   すべてが個性的。
   容姿、声、そして、長生き・・


この間の日曜日、
いつも粗相などしたコト無いジュリーが、家の中で2度も下痢便をしてしまいました。
『こんな恥ずかしい姿見せたくないわ、私・・』
『でも、出てしまったんですもん・・ お腹痛いんですもん・・』
って、とってもすまなげな様子。

食欲も無く、かなりグッタリしてる。

やはりコレはただの夏バテでは無いと思い、月曜日に医者に連れて行きました。
母も一緒に・・
ゲージに入れ、車の中でも鳴きっぱなし。
着いても鳴きっぱなし。

診察台に上がり、お尻にブスッと体温計を入れられると、
もう、恐怖は最高潮。
ウギャウギャ~と動きまくり、何度もやり直し。
やっと終わった診察台の上には、なんと、爪が3個ポロリ・・
そんなに踏ん張ってたの? お前・・? (苦笑)

今度は、血液検査。
足の内腿にぶっとい注射針が刺さる。
先生、助手、私、そして母、4人掛りで取り押さえる。
モノスゴイ声で鳴くジュリー。
でも、なかなか血液は採取出来ない。
その内、恐怖のあまりオシッコを洩らしてしまう。
大きな大きな輪が出来る。
ついでにオシッコも採取される。
長い長いひたすら長い時間、ジュリーの惨劇は続く・・

やっと終わる。
今度はレントゲン検査。
助手の女性に抱えられ別室へと消えるジュリー。
・・・ 返って来る。
・・・ しばらくして先生。
血液検査とレントゲン、そして尿から〝腎機能〟の低下とのコト。
年齢的なものもあり、腎臓が萎縮してきてるらしい。
写真に写るジュリーのちっちゃな腎臓・・
二人でほほぅ・・と眺める。

そっかぁ・・ ジュリーももうそんな歳になったのかぁ・・
ひどく哀れに思えてくる。

もう一度、抱かれ別室へ。
今度は肩の辺りに別の注射を打ちに。
普通に帰って来る。
とってもオリコウさんでしたと・・

コノ頃には、かなり落ち着いて来たジュリー。
鳴かなくなってた。

会計をする。
私の頭の中の計算と支払い額のギャップがスゴイ!!
かなりでは?  と予想してた額より高い。
保険が利かない動物の医療費はキツイ。  
やっぱりネ・・・

1万6千円でお釣りが少し・・
(内心ヒヤリ・・)

2日分の薬と明日また来てくださいと言われる。
帰宅したジュリー、様子が一変して食欲が出る。
でも絶食を言い渡されてるので与えられない。
『ちょ~だいよぉ~、お腹空いてるのよぉ~私・・』
今夜は眠らせてくれないかも・・
さんざん鳴いて懇願しても貰えないと悟り、
諦め、やっと寝た、寝てくれた。  

そして、昨日、火曜日。
再び病院へ。
様子を見る為と、もう一度注射と薬を貰う。
診察が終わり帰れると思うと、自分から率先してゲージの中に・・
そんなに家がいいんだ~。
帰ろうネ、ジュリー。

10日分の薬とこれから毎日食べさせる餌のサンプルを貰う。
餌も変える、薬も毎日朝晩・・
これからのジュリーの生活は一変するんだなぁ・・

帰宅しサンプルの缶詰をバクバクと食べる。

『うんまぁ~い♪』 
美味しい?  そんなに?


今朝、薬を母と飲ませる。
モノスゴイ抵抗。
ジュリーの口は細くてちっちゃい。
そしてキバが猫一倍長くて細い。
飲ませてた母の手にキバが刺さり血が吹き出る。
何度も、薬を吐き出す。
おしまいには、恐いので口の中に薬を放り込む母。

アハッ・・ それってまるで賽銭箱にお金じゃない。
神社じゃないんだから・・  (苦笑)
ジュリー神社。
ご利益、まるで無し・・  (笑)


はぁ・・
それにしてもこれから毎日薬との戦い。



ジュリーよ、お願いだから素直に薬を飲んでおくれ



d0023066_10191194.jpg

       
診察台の上の不安そうなジュリー

耳がソレを物語ってます   

オトコ顔やネ・・
それにしても・・


   
[PR]
by sakura39-39 | 2005-08-10 10:26 | ペット

輝き


おっ、こさくだぁ・・・
『こ~さ~くぅ~』

d0023066_9455245.jpg


うんにゃ・・?
何か御用~?

『いえいえ、別に・・』
『呼んでみただけだよ~ん』

なんかくれる~?
なんかいいモノ・・ 

d0023066_9503332.jpg


う、うひゃぁ~

d0023066_9514541.jpg


れ、れれれ~

d0023066_9524056.jpg


た、た、たまりましぇ~ん・・




アハハ~
こさく、おまえのひげは面白いなぁ~
何でそんなにビョ~んてカールしてるん?
猫にとって一番大事な感知器、意味無いじゃない、ソレじゃあ・・

まっ、変なトコがこさくらしいけど・・   プププ




それにしても、瞳がやけに輝いてるでしょ?
キラキラって☆
実は、コレには秘密が・・


エヘへ・・
私の手にはちくわが・・
とっても卑しい、
鼻がモノスゴイ感知器化してるこさくには
ちょっと釣ってみました、
こさく釣り
反応いいんだもん、
許して、アホな私で・・   テヘッ


人間も、自分の好きなコト、
興味のあるモノを見つける、見てる時、
こんなに瞳が輝いてるのかな?

うん、きっとそう、
キラキラっと輝いてるんだと思う。


輝くって素晴らしいナ!!


d0023066_10164211.jpg


お、お、ぉぉぉ~っと、
ソレは寄りすぎでしょっ
ソレは・・

どアップに耐えるか?     こさく
[PR]
by sakura39-39 | 2005-07-30 10:14 | ペット

イメージ

ジュリーとこさく、
周りの景色を削除して、
普段から抱いてる私のイメージカラーでちょっと遊んでみました・・

d0023066_11195169.jpg


ワタシ、ジュリー
もう、相当な歳らしいですわぁ・・
80歳なんですって・・
オッソロシイ・・
小さい頃のコトなんて忘れてしまいました
忘れるってコト、猫にも必要でござんす
もひとりソコに居るでしょ? 三毛柄のヒト・・
あのコ、モテモテみたい、ヒトにもオトコにも
近所のおばさま達を操縦するのとっても上手だし・・
オトコは覗きに来るし・・
ワタシ、正直おもしろくないざんす
こう見えて、ワタス全然モテないのよ
モテた試しが無い?
オトコが寄って来ない?
クゥ~~~
まぁいいわ、ワタシの個性わからないのよ
ワタシだけの個性で生きていくわよ
もすこし・・
まだまだ現役だもん!!


d0023066_11333488.jpg


アタシ、こさく
ムチムチのボディーのこさく
最近太ってしまったみたい
何でも美味しいのよ
座ればハイって出てくるの食事が・・
外を歩けばみんな話し掛けてくれるし・・
アタシの人生ばら色で楽しいのよん
でもね、一人居るでしょ? グレー柄のひと・・
アタシより年上だから立てなくちゃならない
これでも気をつかうの
でも痩せないのよアタシ
彼女アタシをライバル視してるみたい
妙にヤキモチ焼くの
でもね、アタシはアタシ
自由気ままな今の暮らし満足してる
外には社交場だってあるのよ
アタシも会員なんだけど楽しいわ
人間ておもしろい
さぁ、今日はどこへ行こうかしらん・・



注: あくまで遊びで落書きしました、笑わないで見てやって下さい、
   ヘタクソですから・・ (^ー^ゞ
[PR]
by sakura39-39 | 2005-07-02 11:52 | ペット