<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

オモシロ ・・イ・・

あっ・・

d0023066_1226463.jpg


                                        何だ?
                                         アレは・・

More
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-31 12:47 | ユニーク

身体に優しいヘルシー料理

前からかなり気になってた店に行って来ました。


d0023066_17204038.jpg

細くて急な階段をトントンと上がる



 うわっ、かなり急・・
 後ろに引っ張られそう・・




     でも、いい匂い・・









窓際の席に案内されるとベランダに
流木のオブジェとグリーン
てんでに置かれた籠の中にはじゃがいもと玉ねぎ
素朴で安らげる雰囲気・・  いいな。

ランチタイムでは扱ってない料理だけど、
今日は特別、夜の料理を作ってくれるらしい。  ヤッタァ~

d0023066_19502997.jpg


頼んだのは、
季節の元気野菜プレート ヴェトナム風


玄米ご飯、炒り大豆、じゃこ、木の実、桜エビ、季節の野菜、
そしてガーリックチップのトッピング・・
麦味噌汁とフキとコンニャクの煮物の付け合せ



エスニック混ぜご飯、写真のモノを全部混ぜ合わせて食べるんだって!!

セッセ、セッセ ・・ ^^;


でも、全然味はエスニックじゃない
もろみ味噌を適当に混ぜて食べる、
ほんとに自然の味を味わう、
極、シンプル。
何でも有りだな、料理って・・


旬の有機無農薬野菜、
自然食、
食べてて元気になりそう~って思った。
コリコリっとした食感の炒り大豆がやけにいい♪

体が喜ぶ、
食べてて嬉しい、
そんな料理に出会った、



                               1050円、
                               日曜のランチ。 ^^
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-29 17:54 | 日常

うそのやうなはなし


昨日、私が出掛けてる間に義兄から家に久しぶりの電話がありました。
受けたのは母。

義兄と言っても、主人より13歳年上の長兄、
母とほんの少ししか違わない、
私の親くらいの年齢。


義兄はかなりすっ飛んでる人です。
1回話しただけでも何年も前からの知り合いの様になれる。
話好き、人の話を聞くよりは話したい人。
聞いて欲しい人。
いい意味でも悪い意味でも。


電話の話の内容は・・


どうやら最近足を骨折したらしい。
痛くて堪らないけど、手術は絶対したくない。
大体、病院には普段から行きたく無い人。
献血も嫌。

医師に、どうにか手術をせずに治せないものかと相談を持ち掛けたら・・
ほっといても骨はくっ付くだろうけど、足は真っ直ぐにはならない。
歪んだままでも良ければそのままにと。  ^^;


で、義兄の下した判断は、
そのまま治る日を待つ?! 



   
       普通・・・ ネェ・・  (ー。ー;)    汗~




今、確かに骨はくっ付いて治ってるそう。
でも足は歪んでるから歩くのも少し普通では無く、
時に痛い日も有る?  



そういえば、義兄は歯の治療も嫌い。
私が気付いた時には、笑うと歯が1本か2本あるだけだった・・かな。
グラグラして来た歯は自分でペンチで抜くらしいし・・
でも息子の結婚式の時、ニカッと笑った口の中に歯を発見!!
下の歯だけ借りた歯を入れてるらしい・・

???
エッ、借りた歯?
入れ歯って人から借りられるの・・?!

でも、義兄ならそれも充分有り得る話だし・・  ^^;


大体、普段治療に掛かって無いから突然入れ歯にして下さいって歯医者を訪ねても作れるのかなぁって不思議に思うんだけど。  


  --------------- 0000000nnnnnnnnooooooooooooo


話の続き。
まるでムツゴロウさんのような義兄、去年の年末には海でゴムボートに乗って釣りをしてて落ち、もう少しで死ぬところだったとか。
たまたま近くに居た人が気付いて引っ張り揚げてくれたから一命を取り留めたらしいけど・・
一週間くらい入院してて、当時は身体も冷たくなって危なかったとか・・
足の骨折はその後の話。


最近は音沙汰無くてどうしてるのかなって思ってたけど、普段なかなか体験しない様な話を母に語ってくれたらしく。
面白可笑しく話したんだと思います。  


男兄弟って女同士と違って結婚するとなかなか連絡取らないものなのかな。
この話をロバガメ(主人)に話したら、自分の兄の不幸なのにガハガハ笑ってました。
義兄らしいと思ったのでしょう。

でも、まぁ、笑って話せる話で済んだから良かったけど。


            
                                             \(゚ー゚;)                                        
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-27 15:31 | 日常

知らない内に・・?

d0023066_1118656.jpg


家の近くに咲いてるけしの花。
一枚だけ花びらが飛んでるみたい・・

写真に写して眺めてたら、何か奇妙にも見える。
エイリアンぽくもある?  〈笑




自分は全然知らない人から、実は知られてたってコトありません?
えっ、いつの間に・・ってコトが。

その1
今、うちにたまたま集金に訪れてる人が、私のコトを知ってると母に話したそうで。
中学時代の部活まで知ってる・・
私より年下みたいだし、私は全然知らない人なのに・・

その2
勤めてた会社でたまたま一緒になった女性が、たまたま私の同級生のお姉さん。
お姉さんの存在も知らないし、初めての出会い。
高校時代の私はバス通、私のコトをちゃんと知ってたらしい・・

その3
我が家から少し離れてる家の息子さんの奥さんとなった女性が私の話をお姑さんに。
高校が同じらしく、私のコトを知ってるらしい・・
学年も違うし、顔も知らないし、何で知ってるのか・・


私、自分で言うのも変だけど、
小さい声で言います・・ 学生時代、目立たない存在だと思ってます。
そして、今も・・
でもしっかり見てる人は見てるんですネ。
恐いですネ~、それって。  〈苦笑
一体何で知ってるのか聞いてみたい・・


でも、反対に考えたら、私も、相手の人は私を知らないだろうけど知ってる人って居るんですよネ、ちゃんと。
興味を引く人とか、かなり変わってるとか個性的な人・・?  ムフフ


世の中広いようで狭い、
後ろから横から、そして前から見られてる・・ 
 ー。´;   オォ。。





d0023066_1282190.jpg


           煮豆の卵とじ。
           大好きなんです、コレ。
           うちの辺りではこの豆を “アラスカ” って呼んでます。
           お皿に山盛り食べてもまた欲しいって思うくらい好き♪
           白いご飯があればそれだけでいい・・

           ほんまに好っきやわぁ~。。 
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-25 12:18 | そういえば**

ある昼下がり


朝から五月晴れだった日曜日、
風もサワァ~っと吹いてとっても気持ちがいいので、母を連れ出してバラ園に行きました。

d0023066_1637482.jpg


園内のバラはもちろんどれもとっても綺麗、
だけど、この日一番気に入ったバラがありました。
名前は “カクテル”
可愛くて、そして華やか、つるバラなのでアーチにぴったりでした。
そして香りは正しくカクテル☆

d0023066_1641915.jpg


園内は広くて、緑がいっぱい。
木陰もあり、のんびりと思い思いに散策したりベンチに腰掛けたり。

d0023066_16425926.jpg


ピンクのバラ、
可愛いです、でも名前忘れました~。 ^^;
クンクン。。

d0023066_16441326.jpg


大きな立派な藤棚。
藤の花のシーズンはきっと芳しい香りで充満してたんでしょうネ。
来れば良かったなぁ・・

d0023066_16464473.jpg


園内の外れに菖蒲が咲いてました。
まだまだこれからかな・・

d0023066_16481946.jpg


涼しげな木陰の蓮池。
何か落ち着く感じ・・
蛙がやけに似合いそうです、葉っぱの上には。 

d0023066_16525723.jpg


そうそう、妙なところにアマガエル君が居ました。
カメラをかなり近づけたのに逃げない、動かない。
キミは大物だなぁ。。  ^^;

d0023066_16545959.jpg


途中、バラの前で母の写真を写すコトに。
でも、注文が多くて参ります・・ ほんとに、もぉ。。

スラッと写る様にとか、
上着はやっぱり脱いだ方がいいかとか、
この上着、実はあまり気に入らないとか、
足がO脚に写ってるからちゃんと写してとか、
デジカメの画面を見てチェック・・  言うわ、言うわ・・    〈汗々

あのネェ、実物は忠実に写るんだから仕方ないんだヨ。。  
なぁ~んて、思う私。
でも、かなりの力作〈?〉が仕上がりました。   ハァ・・   ´~`;\


d0023066_17657100.jpg


ゆっくり堪能し、ガーデン外のカフェで見つけた “ローズ・ソフト”

バラの香りがふんわりと・・
甘過ぎずとっても美味しかった~♪


かなり歩き回ったけど、
気分転換出来たし、満足してくれたみたいで、


                           いい昼下がり☆
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-23 17:14 | 日常

せっけん


    石鹸、大好き♪


きっと
子供の頃から好きだったんだと思います。
何で好きなんだろ・・?


あのふわぁ~んとした香りと、
洗う時の手の中のツルツルっとした感触、
それがいいのかな・・


最近までハンドソープ使ってました、
石鹸好きだけど。 ^^;


きっかけは、最後に使った
ガソリンスタンドで景品で貰ったモノが何故か泡切れが悪い・・
いつまでもぬるぬる感が取れない・・
娘が言うには、このハンドソープ、100均で見掛けたらしく・・ 〈苦笑



石鹸が妙に使いたくなり、探して探して、やっと☆
手を洗う目的だけど、洗顔にも使えるタイプ。
d0023066_23531651.jpg


香りはレモングラス
すっごくスッキリした匂いと使い心地、
かなりお気に入り。


・・・?
何か前に何処かで嗅いだコト有る匂い。


たまたま以前買ってあったエッセンシャルオイルの匂いと全く同じでした。
好みって意外なところで繋がってるのかな?
この香りが好きって忘れてたというのに・・


        
            無くなりかけると何て早い!!
              これで2個目になりました。 ^^
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-22 00:08 | 日常

めもりある

d0023066_19412673.jpg

励ましの言葉、ありがとうございました。
本当にありがとうございました。

今日、気持ちが大分落ち着いてきました。



2~3日、思いっきり泣きました。
涙って一体何処で作られてるんでしょうネ。
後から後から洪水のように・・
鼻水も・・ セットで。

私の貯蔵タンクはきっと今は空になってると思います。

泣き腫らした顔を鏡で眺めてビックリしました。
まるでボクサーが1ラウンド軽く戦った後の様な目でした。
誰にも会いたくありませんでした。  ´~`;



こさく、本当に大きな存在でした。
猫だけど、猫じゃない。
限られた期限を幸せを運ぶ為に我が家にやって来た、そんな招き猫でした。


亡くなった当日の朝、
母がオシッコをさせる為にほんの少し外に出してやりました。
外で自由に生活してたので猫用トイレでは全然しない猫でした。
ちょっと目を離した隙に姿が何処にも見えなくなったこさく・・
散々探し回り、やっと見つけた時、こさくは隣の家の物干しの側でうずくまって居たそうです。
どうしてソコに居たのか・・

こさくは隣の家の家族が大好きでした。
いつも優しく声を掛けてくれてたし、おばちゃんも、孫も、そしてひ孫のアヤちゃんも大好きでした。
おばちゃんには特に甘えて、うちの家まで連れてって欲しいとねだってたそうです。
甘えられると、おばちゃんは大きなこさくを抱っこしてくれるから・・

今から思うと、あの日こさくは、サヨナラを言いに行ったんだと思います。
「今までどうもありがとう~」 と。
そう感じるのです。


亡骸は市内の葬祭場で火葬にして貰いました。
菊の花に囲まれて、まるでいつものように寝てるような顔でした。
近所のこさくを可愛がってくれてた方達が弔問してくれて・・
幸せだネ、こさく。


こさくは亡くなってしまったけど、
感謝の気持ち、人を労わる心、優しい心を教えてくれたように思います。
普段あまりに近い存在の家族・・
こさくの死を通して心が1つになったように思います。

娘達のこさくに対する気持ちが物凄くわかりました。
母に対する労わりの気持ちも・・


食事も喉を通らない程悲しんでた母の為に、
長女はこさくの写真を散りばめたアルバムを作り、
次女はコルクボードにこさくの写真を飾って渡しました。

d0023066_2032301.jpg


こさくの写真に語りかけてる姿はとっても嬉しそうです。
本当に嬉しそうです。


身代わりって言葉ありますよネ、今年になって体の調子がおかしい母。
可愛がってくれてる母に恩返しをしてくれたのでしょうか・・
奇しくも、こさくが突然逝ってしまった日、 母の日でした。


また元気な私に戻ります。
思い出話に登場するこさくはいつまでも元気で丸々と太ったこさくです。



.....................................☆.......................................



コメントを下さった方々にお返事を返すコトを、どうすれば心が伝わるのか・・ 
・・ いろいろ考えた末、ブログに訪問してお返しする事にしました。

一人一人お返しすれば良かったのですが、きっと読みづらいのではと考えました。
勝手な判断で申し訳ありません。  m(__)m

↓の記事のコメント欄の  の印の所にも少し返信させて頂きました。



           心から、本当にありがとうございました。。
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-18 20:44 | ペット

実は・・


今日、午後4時30分、飼い猫のこさくが亡くなりました。

今週の火曜日ぐらいから食欲が落ち、
でも、様子をみればまたいつもの様に元気になると思ってました。

2日経ち・・ 
やはり様子がおかしいので木曜にかかり付けの病院へ連れて行きました。
かなりの高熱〈39度台、猫は平熱38度くらい〉でした。
痛い思いをして2回も血液検査の為採血し、
レントゲン検査・・
はっきりしたコトか゛わかるのは金曜とのコトで家で待機・・
も一度金曜に来院・・
わかったコトは“鉄性貧血”ではなかろうかと・・

鉄分を補う為の錠剤を貰い、首筋に保水の為の注射をされそのまま帰宅しました。
その他の手段は、全身麻酔の点滴か何回かの輸血のみだと言われました。
でも、もうかなりグッタリしてるこさくに対するその他のコトは何もされません。

土曜日、一日様子を見ても目に見えて弱って来てる・・

そして、今日の日曜、
肩で息をして、もううずくまって歩くコトもままならない様子。
前から疑問を抱いていた医師への不審感から、違う病院へ連れて行く決心をしました。

日曜日でも診てくれる、インコのパールのかかり付けの病院へ・・
事情を話し、まずは血液検査・・
ここの病院では一時間程で検査結果が出るというコトでした。
医師の診断の結果・・ “血液のガン”

とっても親身な医師の手当てとお話でした。
動物に対する優しさが感じられました。
かなりのショックを受けました・・
でも、この医師ならこさくを任せられるのでは・・ と正直思いました。

病院を変えてみるってかなり勇気が要ります。
でも、このまま後悔したくなかった・・
してやれるコトはやってやりたかった・・

薬何種類かと食事が全く出来ない為の栄養の補給をするエネルギーサプリメント。

こさくを乗せ家まで帰りました。
ケージからヨロヨロと出た足取りは、もう普通の状態ではなく・・
顔も以前のこさくではなく・・


帰宅後、数時間、
母と見守る中、とうとうこさくは逝ってしまいました。

呼びかける声に時々弱々しくシッポを振ってました。
時々、頭をもたげ何かを探すように・・

物凄い痙攣と嘔吐。

猫の死を最期まで見守ったのは、こさくが初めてでした。


こんなにあっけなく死んでしまうなんて・・
動物は自分の弱い所を見せない・・


たかが猫1匹と思うかもしれません。
でも、我が家ではこさくはとっても大事な家族の一員でした。
愛されていました・・
素直で怒るコトを知らず、
人懐っこくて、
癒しの声の持ち主でした。


今、母の部屋でいつものように寝ています。
隣のおばちゃんに枕経をあげて貰い、
般若心経の紙に包まれ・・

娘が菊の花を買って来てくれました。


顔を見ると涙が後から後から・・
こんなに辛いなんて・・



みなさんから頂いたコメントへのお返しを早くしなければならないと思いつつ、
どうしても今は出来ないのです。
ごめなさい。  m(__)m


もう少し気持ちが落ち着いたら・・

その時までどうか待って頂けますか?



d0023066_23592629.jpg


こさく、私の一番好きな写真。
ブログを始めた頃にトップに使ってたモノ。
少し上向き加減の時の顔と、特徴のある目が大好きでした。
うちへ来て、9年でした。
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-15 00:03 | ペット

鏡よ鏡、鏡さん☆


長く使ってる手鏡があります。
確か・・
これは・・
何かの景品だったような・・?  ^^;

枠はひび割れ、今、かなり可哀想な状態です。

なのに使ってる・・
結構便利でした。
両面使え、片方は巨大な顔になります。
普段は普通の面で・・

間違えるとかなり・・ オッと驚きますネ~、自分の顔に。。  〈苦笑


最近、ある店で手鏡を☆
柔らかい色合いと優しい絵柄に惹かれ・・
そして、手頃な値段に・・ ^^;

d0023066_1148128.jpg


鏡は何故か捨てられません。
1日最低、1度はお世話になってるモノ。
要らなくなったからといって、捨てられないんですネ。



鏡にまつわる話・・

例えば、
「この世で一番美しいのは誰・・?」 
白雪姫とか・・

「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン・・」
ひみつのアッコちゃんとか・・
〈間違えて魔法使いサリーなどと言っておりました・・ わぁ、恥ずかしい〉 ^^;


で、恐い話では、貞子?



鏡の向こうには別の世界があったり・・?  〈笑


小さな鏡、
大きな鏡、
鏡は生活と切り離せないモノ。



            『手鏡さん、よろしくぅ・・』  
    間違っても 『世界で一番美しいのは誰? なんて聞かないから・・』  ナハッ
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-13 02:55 | 日常

トワイライトゾーン


書店でフラッと立ち読み、
さくらの好きな時間。

何冊か気ままに読み耽ってると・・
「うぅ・・ ヤバイ・・」
例の困った癖に突然襲われる。
下腹に集中的にやって来る例のアレ・・
Lである、Sでは無い。
満腹中枢は時に意外な結果を伴なうから困る。

本を棚に戻し個室を探す。
「困った・・ 使用中かぁ・・」


少し間を置いて男が出て来る。
急いで入室しようとするさくらの鼻は微妙な匂いが漂ってる事に気付く。
「うっ・・ 参ったなぁ・・ 」
「すぐには無理・・ 確か2階にもあったよな、個室・・」


仕方なく、個室脇のエレベーターのボタンを押した。
すでにお腹の中はかなり戦闘状態である。

1階に降りたエレベーターのドアがサァ~ッと開く。
中には一人の少年。
どう見ても中学生にしか見えない。

少年が降りてくる。
と・・ 妙な金属音が聞こえて来た。

ギィー ギィー ギィー ギィー

何処から発してるのかわからないが、聞こえるのは確かに少年本人からだ。
不思議なコトに少年はドアの外に立ったまま動かない。
ジィーッと誰も居ない、今自分が乗って来た箱の中を見つめたまま動かない。
その間もズッとあの音は聞こえる・・

ギィー ギィー ギィー ギィー

奇妙な音と奇妙な少年。
不気味な感覚に襲われたさくらはその場に留まるコトを決心する。
気味が悪い・・
そんな表現がピッタリ当てはまる。


1度閉まり掛けたドアが少年の操作でもう1度開いた。
ギィー ギィーと怪音を発しながら、も一度乗り込む姿を見送る。
エレベーターはまた2階へと向かった。



         ...............................??..............................
     


これは何年か前に経験した本当の話です。
私、お腹が一杯の状態で立ち読みしてると必ずっていい程、Lを催します。
Lって、ハイ、例のアレです・・ 〈苦笑
これは結構同じ経験者が居ると以前何かで読んだコトがあります。
本屋のトイレって使用者が多いかもしれません。
そして、何故か、特に男性の使用者が多い? 
そして、必ず・・L です、本当に、不思議ですが・・
今日はほんとに変な話でゴメンナサイ。。  ^。ー;


この少年は、きっと私が思うに謎の異星人ですネ。
異次元から突然現れた、たまたま捻れた空間からスゥーッと現れた、
少年の姿を借りたエイリアン・・?  〈苦笑

だって、ズゥーッと聞こえてたんです、あの例の奇妙な音が。

アレは人間の発する音では無い、
まるで機械的な音、それも一定の間隔で聞こえる音。

後で娘に話すと・・

「おかあさん、それ、もしかして、歯ぎしりと違うん?」  
って笑われたけど、

私は絶対違うと思う、アレは歯ぎしりでは無い、
あの少年は・・・  




       本屋、
          たま~に面白い発見があります。  ニヤリ・・

            〈書く事思いつかない故にこんな話を書いてしまいました〉 ´ー`;\
[PR]
by sakura39-39 | 2006-05-10 14:08 | そういえば**