あるツボヤキ猫の日常


あるところに、ネズミ色の猫がいました。
猫は普通の猫とはどこか違ってました。

どこが違う?

まず、その容姿、
声・・
そう、声です、猫の声は普通ではありませんでした。
女ながら、その声はまるで発情期のオスの声。

いつも、いつも、鳴いている・・
年がら年中鳴いていました。
それが真夜中であろうと。

家の人はその声にもうかなりうんざり・・
食傷気味だったのです。



ある日、猫は考えました。
私のこの心の叫びを誰かに聞いてもらいたい。

でも、周りを見渡しても誰もいないわ・・
あっ、そうだ、ツボを焼けばいいんだわ・・
私の叫びをツボに吐き出せばいいんだわ・・


その日から猫はセッセセッセと窯を作りだしました。
そして、とうとう窯は出来ました、
ネズミ色したその窯・・
作るツボも、もちろんネズミ色。

そして、ツボに向かい、思いっきり鳴いてみる。
あらら・・
なんて、スッキリするんざましょ!!

でも、こんな素敵な窯に、素敵なツボ、
私だけが1人占めするには惜しい・・わ。

猫はネズミ色したツボをたくさん作りました。
でも・・
何故か不人気、
売れない・・




ところで、
猫の隣町に、三毛色猫が住んでいました。
三毛色猫はとってもふっくらしていました。
世渡り上手、そして、何故か人気者。

三毛色猫も自分のツボを焼いてみたくなりました。
窯も作りました。

白、黒、茶色、
微妙な色合いのツボ、
そして、これがどうしたものか、モノスゴイ人気。


ツボはまたたくまに売り切れました。

このツボに話し掛けると、
声は麗しく、
モテモテの人生が送れるようになる、
そんな不思議なコトが起きるツボ。



ネズミ色した猫はひどくガッカリしました。
そして、今日も1人寂しくツボに向かうのです。




   あ゛ぁ゛~~~、私の人生、何なんじゃ~~~~~ と。。





                                  こんな猫もおったげな・・ ´。ー;
[PR]
by sakura39-39 | 2006-01-25 00:23 | 玉虫色の玉手箱


<< 歯車が狂った日 幸せって >>